日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

人気落ちゲレイロ狙う/スプリンターズS

<山本幸史のヤマを張れ:スプリンターズS>

 さあ秋G1が開幕! スプリンターズSで幸先のいいスタートを決めましょう。夏の新潟で91万馬券を的中させた後も大穴を仕留め続ける山本幸史は、昨年の短距離王ローレルゲレイロに◎を打った。坂路効果でパワーアップ。実績最上位の割には人気がなく、絶好の狙い目だ。

 前年の覇者ローレルゲレイロの押し切りを狙う。思い返せば、昨年のスプリンターズSも高松宮記念を制しながら前哨戦の大敗から6番人気に甘んじていた。今回も香港馬や勢いのある馬に目が行きがちで不思議と人気落ちだが実績面では最上位。前走はスタートが悪く本来の競馬ができなかっただけで、巻き返す余地は十分ある。

 まずは状態面。昨年は前哨戦で減っていた馬体を回復させながらの調整だったが今年は違う。昆師も、担当する平岩厩務員も「去年より出来はいい」と胸を張る仕上がりだ。張りのある馬体から好ムードが伝わってきた。

 中間は「この馬には坂路調整が合う」(昆師)という栗東坂路で意識的に前半から飛ばす調教を施され、先行力を呼び覚ましてきた。直前は控えめだが、2週前には栗東坂路で49秒台。ドバイ遠征や北海道での調整が続き、坂路追いで挑むのはフェブラリーS以来となる。本来の調整法で臨む今回は見直しが必要だろう。

 読んだ展開は前残り。ヘッドライナーの逃げ宣言で流れが速いと思われるが本当にそうだろうか。逃げる馬が分かっていれば競り合うことはなく案外ペースが落ち着く。しかも、G1で玉砕逃げは考えにくい。また、ゲレイロは以前は逃げ一辺倒だったがキーンランドCは出負けして馬群にもまれながら最後まで走っていた。昆師はその前のドバイ遠征で逃げて4着に粘った一戦を高く評価。「逃げる馬なので、もまれるともろいところがあったが差し返してくれた。今までだとズルズル下がっていたのに。精神的に大人になった」。昨年のスプリンターズSもそうだが、もともと逃げてから粘り腰を使って結果を残してきた馬。それが他馬が周りにいても最後まで止まらない馬へと変ぼうしたのだ。外に入ったヘッドライナーが遅いようなら先手を奪ってもいい。

 前残りの展開予想は微妙な馬場状態も加味している。日曜日は午後から雨の予報。中間の雨で水分を含んだ馬場はひと雨降っただけで一気に悪化する。後方待機の差し馬が伸びてくるとは考えにくく、多少無理をしてでも前にいる馬に分がある。そこからはタフな消耗戦。ゲレイロの踏ん張りに期待する。

 [2010年10月2日8時16分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

ローレルゲレイロ

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  バーディーが1番人気/スプリンターズS - 競馬ニュース
  2. 2  2勝馬ギブソン経験値で勝つ/札幌2歳S - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです