サンフレッチェ広島が5試合ぶりの白星をつかんだ。北海道コンサドーレ札幌は7戦連続未勝利(2分け5敗)となった。

広島は後半5分に左サイドからMF柏が上げたクロスをFWドウグラス・ヴィエイラが頭で合わせて先制。同45分にはMF浅野の1発で試合を決めた。

札幌は10本のシュートを放った前半に得点が生まれず、先制を許した直後の後半12分に大卒新人3人を含む4枚替えで流れを変えようとしたが、反撃にはつながらなかった。