北海道コンサドーレ札幌GK菅野孝憲(36)がJ1では6年ぶりに開幕戦のピッチに立つ。24日、キャンプ地の熊本で練習に参加した。熊本入り後のミニゲームでも安定感あるプレーを披露。27日開幕戦(対横浜FC)で先発出場が濃厚だ。昨季リーグ戦通算500試合出場を達成したベテランは「常に次の試合に出る準備はしている。自分のパフォーマンスを上げることだけを考えて、日々を大事にしている」と静かに闘志を燃やした。

先月18日から大きな故障もなく、1カ月超のキャンプをこなしてきた。「すごく落ち着いてトレーニングできている。1日1日を積み重ねて良いものが出せる状態にある」。GK陣4人で最年長36歳の日焼けした精悍(せいかん)な顔つきが充実ぶりを物語る。

J1舞台で開幕戦出場を果たせば、柏時代の15年以来、自身6年ぶり。「そんなたっちゃったんだなって感じですね」。過去18シーズンで13度開幕戦のピッチに立っている菅野にとっては「開幕を勝つことがゴールではない」。GKクの海外移籍に伴い、昨季リーグ再開の2節目から28試合に出場。シーズンを通して戦力として戦う覚悟がそう語らせる。

21年シーズン幕開けの相手は03年にプロ入りした古巣横浜FC。「特別なクラブの1つ。より勝ちたいという欲は強くなっている」。チームのJ1での開幕戦戦績は1勝1分け7敗。最後の白星はC大阪に2-1で勝った01年にさかのぼる。9年ぶりホーム開催の開幕戦で20年ぶりの1勝へ。菅野は「サポーターの声に飢えている。勝利という形をみんなと一緒に果たせていければいいなと思います」。戦う準備はできている。【浅水友輝】

◆菅野と開幕戦 過去18シーズンで出場は13回(J1で7回、J2で6回)。出場試合での成績は5勝4分け4敗。18年に札幌加入後は正GKクがいたため、3年連続でベンチだった。開幕戦に出場すればJ2京都時代の17年以来4年ぶりで、J1での開幕スタメンとなれば柏時代の15年以来6年ぶり。