ヴィッセル神戸は7日、来季新戦力として筑波大GK高山汐生(しおき、4年=湘南ベルマーレU-18)の加入が内定したと発表した。

湘南のアカデミーで育った高山は、U-15日本代表、U-16日本代表としてもプレーした190センチ83キロのGK。シュートストップやの長身を生かしたハイボール対応、左足でのビルドアップを評価された。

高山はクラブを通じて「プロサッカー選手として夢や感動を与えられる選手になり、1日でも早くヴィッセル神戸の勝利、タイトル獲得に貢献したい」とコメントした。