Aリーグ(1部)7位の摂南大とBリーグ(2部)2位の龍谷大がぶつかった一戦は、摂南大が勝ってAリーグ残留を決めた。

試合は序盤からペースをつかんだ摂南大が得点を重ねる展開。トライとペナルティーゴール(PG)で加点した摂南大が、45-0として前半を終えた。

前半0封された龍谷大は、後半開始早々にトライとコンバージョンキックで7点を返す。しかしその後は、摂南大が後半14分にSO三田村裕城(4年=石見智翠館)、同21分に途中出場の小畑美嵐(3年=淀川工科)、同29分にCTB嶋本大賀(3年=大産大付)が立て続けにトライを決めて勝負あり。龍谷大は同34分に1トライするも、Aリーグ昇格には届かなかった。