日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

明大監督「スタミナあることを見せたい」

 秩父宮賜杯第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(日刊スポーツ新聞社後援)は2日午前8時5分、名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106・8キロのコースで争われる。

 レースを2日後に控えた10月31日、名古屋市内で監督会見が開かれた。

 昨年まで駒大、東洋大で形成された「2強」の構図から、今年は明大、早大、山梨学院大、青学大らの実力差も接近し、戦国模様を呈している。会見に出席した各監督も「マスコミに踊らされた部分もあるが(笑い)『スピードの明治』にスタミナがあることも見せたい」(明大・西弘美監督)「1区はウチの『ブレーキ専門』の柳(利幸=3年)で行きます。彼が区間5番以内なら優勝も狙える」(早大・渡辺康幸監督)「『今年は優勝を狙うチームを作って、その思いを後輩に引き継ぎたいんです』という選手の気持ちが示すように練習の質は上がった」(山梨学院大・上田誠仁監督)「チャレンジ精神で果敢に攻めたい。2区の久保田(和真=3年)に注目してください」と、ユーモアも交えながら、自チームをアピールしていた。

 [2014年10月31日19時13分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞