日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. ニュース

陸上ニュースのRSS

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

駒大4連覇 1区村山から譲らず/詳細

<陸上:全日本大学駅伝>◇2日◇愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮(8区間106・8キロ)

 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝は26チーム(うちオープン参加1)が出場して行われ、駒大が5時間14分36秒で4年連続優勝を飾った。単独最多12度目の優勝となった。

 現役最強ランナーの村山謙太(4年)が1区を制し、それから1度も首位を譲らず独走し、最後は8区の馬場翔大(3年)が歓喜のゴールテープを切った。


【8区=19・7キロ】

 首位でタスキを受けた駒大のアンカー馬場翔大(3年)は力強い走りを見せている。

 駒大・馬場の勢いは最後まで衰えず、歓喜のゴールテープを切った。

 2位は2分47秒差で明大、3位は2分48秒差で青学大、4位東洋大、5位山梨学院大、6位東海大、7位早大、8位大東文化大、9位順大、10位神奈川大。

大会4連覇を達成しゴールする駒大・馬場翔大(撮影・前岡正明)

【7区=11・9キロ】

 首位でタスキを受けた駒大・黒川翔矢(4年)が独走を続けている。安定したピッチを刻んでいる。

首位の駒大・黒川翔矢が4時間14分49秒でタスキリレー。青学大が3分50秒差で2位、東洋大が3位で4分22秒差。

 4位明大、5位東海大、6位大東文化大、7位早大、8位山梨学院大、9位神奈川大、10位城西大。


【6区=12・3キロ】

 首位でタスキを受けた駒大・西山雄介(2年)がダイナミックな走りを見せている。

 首位の駒大・西山雄介が3時間40分3秒でタスキリレー。青学大が2分43秒差で2位、東洋大が3位で3分26秒差。

 4位明大、5位大東文化大、6位早大、7位東海大、8位城西大、9位山梨学院大、10位神奈川大。


【5区=11・6キロ】

 首位でタスキを受けた駒大・工藤有生(1年)は力強い走りを見せている。

 首位の駒大・工藤有生が3時間4分3秒でタスキリレー。明大・横手健(3年)が快走。33分22秒の区間新記録で駒大から2分40秒差の2位に躍進した。3位は同じく2分40秒差で東洋大。青学大が4位で2分47秒差。

 5位大東文化大、6位城西大、7位東海大、8位早大、9位山梨学院大、10位神奈川大。


【4区=14・0キロ】

 首位でタスキを受けた駒大・中村匠吾(4年)は淡々とペースを刻んでいる。

 東洋大・髙久龍(4年)が11キロで青学大を引き離し、2位で駒大を追っている。

 首位の駒大・髙久龍が2時間29分53秒でタスキリレー。東洋大が2分4秒差で2位、青学大が3位で2分41秒差とトップとの差が開いた。

 4位大東文化大、5位明大、6位早大、7位城西大、8位山梨学院大、9位東海大、10位中央学院大。


【3区=9・5キロ】

 スピード区間の3区。トップでタスキを受けた駒大・西沢佳洋(4年)が軽快な走りを見せている。

 首位の駒大・西沢が1時間48分52秒でタスキリレー。東洋大が1分22秒差で2位、青学大が3位で1分24秒差とトップとの差が開いた。

 4位大東文化大、5位城西大、6位明大、7位中央学院大、8位東海大、9位早大、10位神奈川大。


【2区=13・2キロ】

 タスキを受けた駒大・中谷圭佑(2年)が快調に先頭を走っている。やや遅れて2位は大東文化大・市田宏、3位は城西大。

 5・7キロ地点で駒大首位、2位は大東文化大で23秒差、3位は城西大で45秒差がついている。

 駒大・中谷が首位で1時間21分19秒。東洋大が1分1秒差で2位、青学大が3位で1分3秒差、大東文化大が4位で1分4秒差。

 5位城西、6位早大、7位東海大、8位明大、9位京大、10位京産大。


【1区=14・6キロ】

 選手が元気にスタートした。気温16・9度、湿度96%。

 注目の駒大・村山謙太(4年)城西大・村山紘太(4年)のツインズ、東洋大・服部弾馬(2年)、京大・平井健太郎(3年)も力強い走り。

 京大・平井がスタート直後、積極的に前に出た。

 3キロ通過は8分50秒。ややゆったりしたペース。3キロをすぎてペースが上がり、集団が縦長になった。東洋大・服部弾馬が先頭集団から遅れた。

 5キロをすぎて村山ツインズが先頭に立った。先頭は駒大、城西大、大東文化大、第一工大、青学大。

 8キロで大東文化大・市田孝(4年)が先頭、村山ツインズが続く。京大・平井が先頭からやや遅れた。

 13・3キロで大東文化大・市田孝がスパート。市田孝は2区の市田宏の双子の兄。

 中継地点前で3人が激しい区間賞争い。

 1位は駒大・村山謙太で42分58秒。2位はタイム差なしで城西大・村山紘太。3位は1秒遅れで大東文化大・市田孝。

 4位は31秒遅れで京大・平井。5位第一工大、6位青学大、7位東海大、8位早大、9位神奈川大、10位東洋大。

熱田神宮前をスタートする第1区の選手(撮影・前岡正明)

【出場チーム】

駒大(前回優勝)=19大会連続21回目

東洋大(同2位)=7大会連続22回目

明大(同3位)=7大会連続8回目

早大(同4位)=8大会連続20回目

山梨学院大(同5位)=3大会連続27回目

青学大(同6位)=2大会連続4回目

札幌学院大(北海道)=11大会連続23回目

東北大(東北)=2大会連続9回目

日体大(関東学連推薦)=5大会連続37回目

神奈川大(関東)=2大会ぶり14回目

順大(関東)=2大会連続20回目

東海大(関東)=2大会ぶり27回目

上武大(関東)=2大会ぶり3回目

大東大(関東)=2大会連続39回目

城西大(関東)=3大会ぶり5回目

中央学院大(関東)=2大会連続8回目

信州大(北信越)=2大会ぶり12回目

中京大(東海)=7大会連続35回目

立命大(関西)=14大会連続26回目

関学大(関西)=4大会連続6回目

京産大(関西)=2大会連続42回目

大経大(関西)=3大会連続20回目

京大(関西)=42大会ぶり2回目

広島経大(中国四国)=7大会ぶり18回目

第一工大(九州)=20大会連続20回目

東海学連選抜(オープン参加)

 [2014年11月2日14時19分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞