日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

中大86連続箱根「本戦の通過点」

箱根駅伝予選会で7位入賞し、本戦出場を決め喜ぶ中大の選手たち(撮影・鈴木正章)
箱根駅伝予選会で7位入賞し、本戦出場を決め喜ぶ中大の選手たち(撮影・鈴木正章)

<箱根駅伝予選会>◇18日◇陸上自衛隊立川駐屯地-国営昭和記念公園(20キロ)

 伝統のたすきが、つながった。苦戦が予想された名門・中大が10時間11分37秒の7位で、上位10校が進む来年1月2、3日の本戦出場を決めた。複数の主軸を欠きながら、チームトップのエース新庄翔太(4年)らが底力を発揮。連続出場回数を「86」に伸ばした。

 順位発表の運命の瞬間。それは1年前とは、少しばかり違っていた。瞳を閉じ祈るように待った1年前は腹の底から、こみ上げる歓喜が爆発。今回のトーンは落ち着いていた。事前のデータ集計で、余裕の通過は確実視されていたこともある。「今日は本戦に向けての通過点ですから」。何より新庄の言葉が、伝統のプライドを物語っていた。

 主将の永井に三宅、藤井といった主軸を調整不良や故障で欠いた。それでも29日間にわたる4度の夏合宿で得た自信は、確信に変わっていた。5キロごとのラップで、序盤から上位をキープ。浦田監督が「積極的に行くように言ったが、オーバーペースではと思うぐらい」の走りで不安を吹き飛ばす。18キロ地点で画用紙に順位を書き、選手を鼓舞した永井も「みんなの力強そうな顔を見て安心した」と胸をなで下ろした。

 前回まで85回連続88回出場し、14回の総合優勝。いずれも最多を誇る名門の重圧に、選手は負けなかった。9月中旬に左膝を痛めて欠場した永井は「否定的な言葉は絶対に使わない」ことをミーティングで徹底した。

 その永井に「箱根では走ってもらうから予選会は絶対に通過する」と誓ったのは新庄。3月には左膝を痛め、6月の全日本予選は落選したが「下馬評もあるけど絶対に見返してやろうと思った。そのためには自分の走る後ろ姿でチームを引っ張る」とエースの自覚を胸に刻んだ。眠れぬ夜もあった。伝統の重みに、つぶされかけもした。呪縛から解き放たれた名門に、捲土(けんど)重来の箱根路が待っている。【渡辺佳彦】

 [2014年10月19日8時50分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞