日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

「箱根の渡辺」今季限り 有終飾る!

大会本番での目標順位を掲げる各大学監督。右から2人目が早大の渡辺監督
大会本番での目標順位を掲げる各大学監督。右から2人目が早大の渡辺監督

 渡辺康幸監督(41)最後の箱根を、有終の美で飾る! 第91回東京箱根間往復大学駅伝(来年1月2、3日)の監督会見が10日、都内で行われ、出場する21チームのエントリー選手(各チーム16人以内)が発表された。過去13度の総合優勝を誇る早大は、12年間指揮を執った渡辺監督が箱根を最後に退任する。11月の全日本大学駅伝7位の惨敗から下克上で最後に花を添える。

 12年の監督生活の集大成だ。現役時代は4年で3度の区間賞をたたきだし、監督としては史上3校目の大学駅伝3冠を達成。箱根と切っても切れない渡辺監督が、今季で去る。「力は6~7番だが、箱根は別物。最後だから、やはり優勝したい」。

 11月30日。東伏見にある早大の教室に、100人近い競走部の部員が集められた。「今季で最後の箱根になる。何とか優勝したい」。渡辺監督の突然の退任発表に、部員は言葉をなくした。しかし、その日から約10日間。山下主務は「優勝をプレゼントしたいと全員が血眼になっている」と、有終の胴上げを誓った。

 11月の全日本では、シード落ちする7位に沈んだ。渡辺監督が指揮を執って以来の最低成績だった。竹沢健介、大迫傑ら大エースを育成してきた渡辺監督だが「今年はエースがいない分、総合力で勝負」。しかし、その力を、全日本では出せなかった。それだけに箱根は「下克上という気持ちで挑む」。

 03年4月に監督に就任。箱根で10位以下に沈むのが当たり前だった母校を、10年度には3冠に導いた。しかし、「その分、その後、これを超えるにはどうしていいか迷走してしまった」。11年度以降、3年間は総合4位、5位、4位と、もう1つ優勝に届かない。

 過去、山登りの5区で2度の区間3位になった山本修平(4年)が今季は準備万端だ。昨季はアキレスけん痛で欠場。その屈辱を今季で晴らす。「山本も最後。彼での出来で優勝が決まれば最高」。有終の美は、箱根最大の見どころ、山登りが鍵を握っている。【吉松忠弘】

 ◆渡辺康幸(わたなべ・やすゆき)1973年(昭48)6月8日、千葉市生まれ。中学で陸上を始め、市立船橋高を経て早大進学。箱根のエースとして活躍し、3度の区間賞と1度の区間新をマーク。95年ユニバーシアード1万メートルで金メダルに輝いた。96年エスビー入社後はケガが多く、02年に引退。03年4月に早大競走部の監督に就任した。

 [2014年12月11日9時24分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞