桐蔭横浜大が初戦で姿を消した。巨人に育成ドラフト6位で指名された菊地大稀投手(4年=佐渡)が、5回1/3を3失点と、粘りの投球をみせたが、打線が相手先発の曽谷龍平投手(3年=明桜)の前に沈黙した。

この日の最速は150キロをマークした菊地だが、「自分が予想している以上に打たれてしまいました。決めなければいけないところで、投げきれませんでした」。6回無死で、相手3番の大塚璃音内野手(3年=青藍泰斗)に許した本塁打を反省した。

ドラフト指名後、菊地の表情には変化があった。斉藤博久監督(55)は「笑顔がなくなりました。自覚だったり、責任の表れだったのかも知れません。私からは『もっと楽しく、笑顔でやってみたら』と声はかけました」と話した。それを受け菊地は「自分では意識はなかったです。ただ、指名を受けてから『絶対に勝たないといけない』という気持ちがあり、空回りしてしまったのかもしれません」と振り返った。

スタンドから視察した巨人・榑松伸介アマチュアスカウト統括は「点を取られはしましたが、ボールの角度と真っすぐの力はいいモノがあります。長いイニングを投げられる先発になって欲しいですね」と話した。