台湾に発足するTPE48へ移籍するAKB48阿部マリア(22)が30日、東京・AKB48劇場で「阿部マリアを送る会」を行い、終演後にはTPE48の研究生4人と囲み取材に応じた。

 阿部 最後の公演でやり切って、思い残すことなくTPE48に行くぞって気持ちになれました。メンバーとファンの皆さんと素敵な時間が過ごせました。

 TPE48リン・ジエ(16) 憧れのAKB48劇場に立てて、すごく緊張しました。阿部さんに貴重な経験をさせていただいて、感謝しています。

 TPE48チウ・ピンハン(17) 阿部さんが壮行会で泣いている姿を見て、すごく感動しました。

 TPE48チェン・シーイヤ(みやび=22、双子の姉) すばらしい経験ができました。ファンの方々は私たちのこと知らないのに、すごく応援してくださってうれしかったです。

 TPE48チェン・シーユアン(ひめ=22、双子の妹) 私たちは、15年に台湾で行った「AKB48台湾人オーディション」を受けて、AKB48に入りたかった身なので、劇場に立てて夢がかなった感じで、すごくうれしかったです。これからTPE48を盛り上げていきたいです。

 みやび 阿部さんセクシーです。目がセクシー。

 ひめ きれいです。ダンスがきれいでした。私たちはまだアイドルの輝きがない。阿部さんを目標に頑張ります。

 阿部 あら、お目が高い(笑い)。私は中国語を勉強中なのですが、まだ満足に話せないんです。でも、2人が日本語も話せるから、中国語を教わっています。今年の大みそかも3人で過ごす約束をしているんですよ。台北101(タワー)で年越しのカウントダウンをするんだよね。いい友だちになれそうです。

 -JKT48に移籍した仲川遥香が、世界的に有名なタレントになりました。アジアで1番人気になると宣言しましたが、どのような戦略をイメージしていますか?

 阿部 AKBでは若干遠回りしてきた感があるので、失敗して学んだこととかを生かして、TPE48を大きくしていきたいです。失敗したこと? SNSの使い方です。アイドルなんだから、思ったことをすべては、そのまま書き込んじゃいけないってことです(笑い)。皆さんが喜ぶ発言をしていかないと。あと、大好きなモデルのお仕事は続けていきたいです。ただ、台湾は雑誌が少ないらしいんです。だから、モデルだけじゃなく、女優をやった方がいいと、みやびちゃんとひめちゃんからアドバイスされました。AKB48では、女優をやることなんて考えもしなかったけど、台湾では中国語を覚えて、女優にも挑戦していきたいです。

 -TPE48研究生たちとは「ヘビーローテーション」を披露した

 阿部 センターでやったのは初めてで、今までマイクスタンドがない最後列ばかりで踊っていたので、散々やってきた曲なのに、結構間違えちゃいました。スタンドマイクって難しいなぁ~って。TPE48でもセンターやれるように頑張ります。

 -台湾出身のAKB48メンバー馬嘉伶からのアドバイスは?

 阿部 台湾のトイレでは、紙は流さないで、そばにあるごみ箱に捨てなきゃいけないってことです(笑い)。

 みやび 台湾は、レストランのお水は氷がないよ。

 阿部 へぇー常温なんだ。でも、それはいいよ。

 ひめ 地下鉄便利です。

 阿部 私の29日の誕生日プレゼントに、2人が台湾版のSuica(スイカ)をくれました。これで一緒にいろんなところに行きます。

 -TPE48の目標は?

 阿部 台北アリーナって大きなコンサート会場があるので、そこでやれるようになりたいです。

 ひめ 安室奈美恵さん、嵐さんがやってます。

 阿部 それはすごい! やっぱりそこを目指しましょう。

 みやび 台北ドームも作っているところです。

 阿部 ドームもできるんだ。じゃあ、最終目標はそこで。

 -TPE48はどんなグループにしたいか?

 阿部 AKB48のオーディションを受けにくる子は、ちょっと自信なさげでか弱そうな、守ってあげたくなるような子が多いんです。でも、台湾人は「私は自信があります。有名になりたい」という子たちが多いんです。なので、いい意味で、みんなで明るく前に前にと競い合える感じにできそうです。