ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(51)が11日、X(旧ツイッター)を更新。自民党安倍派(清和政策研究会)の政治資金パーティー券裏金問題について言及した。

堀江氏は幻冬舎の編集者箕輪厚介氏の投稿を引用し「東京地検特捜部も巨悪がなくなって存在意義が薄れやしないかと必死に重箱の隅を突いている感じはするよね」と指摘。「五輪疑獄も無理矢理感あったもんなぁ。なんだよ、準公務員って笑」とつづった。

箕輪氏は「別に自民党も岸田も好きじゃないけど、裏金なんて絶対あるって思ってたしパーティーなんてそのためのものだと思ってた。思ったより金額が少なくて、もっと巨悪な感じのが盛り上がったのになぁって印象」と投稿していた。