フジテレビ渡邊渚(26)が11日、自身のインスタグラムを更新。療養中の現在を報告した。

「自助具」と呼ばれるユニバーサルスプーンを右手で持つ写真をアップ。「力が出ないー! 手が震えて箸が持てない! なんて時はこの形状記憶型のユニバーサルスプーンを使ってます」と切り出した。

さらに「自分の握り方に合わせて、持ち手部分を自由に変えられます。またスプーンの角度も変えられるので、とっても食べやすい! 元々私の家には重いステンレスのカトラリーしかなく、退院後、指でスプーンを握り締めることが大変でした。そんな時にこれを発見して、使ってみると軽いし自分の手の形に合わせられて、すごく楽!」と紹介した。

他にも「重宝しているグッズは他にも。キャップオープナー! 入院中ナチュラルウオーターを買って飲もうとしても、ペットボトルのふたを自分の力では開けられず。看護師さんに手伝ってもらっていたのですが、それも申し訳ないと思っていたら、病院のコンビニでこのキャップオープナーを見つけました」とつづった。

一方で「はじめは自助具や介護用品を使うことに躊躇していました。まだ自分の力でやれる! 頼りたくない! と抗っていたのだと思います。でも、看護師さんに迷惑かけたくないと思って買ったキャップオープナーを初めて使った時に『なんでもっと早く使わなかったんだろう』と後悔しました」と本音を吐露した。

最後は「自助具を使うことは、自分と周りのためになる! 開発してくださった方々に感謝です!!」と締めくくった。

渡邊アナは7月17日、体調不良のため、担当する朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前5時25分)を欠席。この日、番組冒頭で、メインキャスターの井上清華アナが「渡邊渚アナウンサーは体調不良のため入院しており、しばらくお休みいたします」と報告した。同局広報は「体調回復次第の復帰予定で、時期は未定です」としていた。

その後の10月22日、7月9日以来、3カ月ぶりの投稿で、自身の病状を明かした。ベッドで横たわる写真をアップし「6月頭に体調を崩し、7月半ばから入院・治療のため仕事をお休みしています。たくさんのご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありません。また、たくさんのあたたかいコメントありがとうございます」とつづっていた。

同局の港浩一社長は11月の定例会見で、7月から療養中の渡邊アナの現状に触れ「渡邊は現在は退院して通院治療中。快方に向かっており、回復次第復帰する予定」と現状を説明した。