西武ニール、郭泰源以来7連勝へ日々の積み重ね強調

西武ザック・ニール投手が25年ぶりの7連勝に挑む。

北海道・釧路での日本ハム戦に向け現地入りし、気温20度を下回る中で入念に調整。6月に1軍復帰してから、負けなしの6連勝中で、勝てば西武の外国人では94年に9連勝した郭泰源以来の連勝記録となる。

ニールは「場所や相手や天候は気にしていない。生産性のある1日を過ごすことの積み重ねが、いい成績につながる」と冷静に臨む。