水谷豊「相棒18」青木年男の受難14・5%

15日に放送された水谷豊(67)主演のテレビ朝日系ドラマ「相棒season18」(水曜午後9時)の第12話の視聴率が14・5%(関東地区)だったことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。

初回は16・7%、第2話は15・4%、第3話は11・9%、第4話は15・7%、第5話は14・3%、第6話は15・2%、第7話は15・0%、第8話は13・3%、第9話は14・0%、第10話は14・6%、元日スペシャルの11話は16・7%。

水谷演じる警視庁特命係の杉下右京と、反町隆史(45)演じるその相棒、冠城亘の活躍を描く人気刑事ドラマシリーズ。シーズン18を迎え、2クールで放送される。

ゲストは中村優一、津村知与支。ある朝、右京はサイバーセキュリティー対策本部の土師太から1冊の本を渡される。土師によると、同僚の青木年男(浅利陽介)から「これから緊急手術をするため、しばらく休む。今すぐデスクにある本を右京に返してほしい」と連絡を受けたという。土師から渡された本は右京のものではなく、不信感を抱いた亘は青木に電話をかけるもまったくつながらなかった。

事件性を感じた右京と亘は捜査を開始する。すると、青木の自宅マンション近くの路上に彼のかばんや警察手帳が落ちているのを発見する。しかも青木が外部から神田北署の捜査資料データへのアクセスを試みていることも判明。青木は何者かに拉致され、警察の内部情報を引き出すよう脅されているようだった。