ブルーザー・ブロディとは㊦ ジャンボ鶴田の強さに愕然、猪木の瞳には闘魂を見た

7月17日は今も“最強外国人プロレスラー”と言われるブルーザー・ブロディさん(享年42)の命日になる。今から34年前の88年7月16日、プエルトリコ遠征中に腹部を刺され、翌17日に亡くなった。日本では全日本と新日本の両団体でジャイアント馬場やアントニオ猪木と名勝負を繰り広げ、トップ外国人レスラーとして一時代を築いた。当時、東京スポーツの記者としてブロディさんに最も信頼され、米国の自宅でも取材経験のある、プロレス解説者の柴田惣一氏(63)にブロディの知られざる素顔、最強説について聞いた。後編。

バトル

取材・構成,首藤正徳

<プロレス解説者柴田氏が7月17日命日を前に故人をしのぶ>

全日本武道館大会 故ブルーザー・ブロディさんの追悼セレモニーが行われ遺影を持ちリングに上がるバーバラ夫人と息子のジェフリー君(1988年8月29日)

全日本武道館大会 故ブルーザー・ブロディさんの追悼セレモニーが行われ遺影を持ちリングに上がるバーバラ夫人と息子のジェフリー君(1988年8月29日)

◆ブルーザー・ブロディ 1946年6月18日、米ミシガン州デトロイト生まれ。本名はフランク・グーディッシュ。ウエスト・テキサス州立大でアメリカンフットボールの選手として活躍。68年にNFLのワシントン・レッドスキンズに入団したが、膝を痛めて引退。74年4月にプロレスデビュー。79年1月に全日本プロレスに初来日。81年10月にドリー・ファンク・ジュニアからインターナショナル・ヘビー級王座を奪取。世界最強タッグ決定リーグ戦では優勝1回、準優勝2回。85年に新日本に移籍も、87年に全日本復帰。88年7月16日、プエルトリコ遠征中に腹部を刺され、翌17日に死去。得意技はキングコング・ニー・ドロップ、ギロチン・ドロップなど多数。198センチ、135キロ。

ブロディの思い出を語る柴田惣一氏

ブロディの思い出を語る柴田惣一氏

◆柴田惣一(しばた・そういち)1958年9月11日、愛知県岡崎市生まれ。学習院大卒。82年に東京スポーツ新聞社に入社。プロレス担当記者、第二運動部部長、プロレス大賞選考委員長、WEB東スポ編集長などを歴任。94年から四半世紀にわたり新日本プロレス中継番組「ワールドプロレスリング」(テレビ朝日系)の解説者を務める。15年に東京スポーツ新聞社を退社。その後、プロレスサイトの「プロレスTIME」や「プロレスTODAY」の編集長を務めた。

88年プエルトリコ遠征中の悲劇

79年の初来日で圧倒的な存在感を見せたブロディは、80年から全日本のトップ外国人レスラーとなり、来日するたびに強さ、すごみを増していった。成長の糧になったのがジャンボ鶴田の存在だったという。

柴田氏 実はブロディは初来日してジャンボ鶴田とタッグマッチで対戦した時、鶴田のスタミナとナチュラルな強さについていけなかった。力の違いを思い知らされたそうです。それを反省して、一生懸命に体をつくりなおして強くなったと話していました。おそらく鶴田に「どうやっているのか」と聞いたのでしょう。ウエートトレーニングだけじゃだめなんだと。走ったりしてスタミナをつけたようです。それが彼の強さの原点だと思いますね。

全日本インターナショナル選手権 ジャンボ鶴田(左)にドロップキックを見舞うブルーザー・ブロディ(1988年3月27日)

全日本インターナショナル選手権 ジャンボ鶴田(左)にドロップキックを見舞うブルーザー・ブロディ(1988年3月27日)

一方でブロディはプライドが高く、日本でも米国でも自らの処遇やマッチメークなどをめぐって団体とトラブルが絶えなかった。85年に全日本からアントニオ猪木率いる新日本に電撃移籍。87年には再び全日本に復帰している。

柴田氏 悪い言い方をすれば自己中心的だけど、彼は自分のプライドをとても大切にしていました。試合で自分を100%、200%発揮したいというタイプでした。全日本から新日本に移籍したのは、当時、全日本に長州力が率いるジャパンプロレス勢がきて、トップ級の扱いを受けたので、プライドが許さなかったのだと思います。リングの上でも長州の技を受けようとしなかった。ギャラはそんなに変わらないのに新日本に移籍した。お金の問題じゃなくてプライドの問題だったと思います。

全日本武道館大会 故ブルーザー・ブロディさんの追悼セレモニーが行われ献花を捧げるスタン・ハンセン(1988年8月29日)

全日本武道館大会 故ブルーザー・ブロディさんの追悼セレモニーが行われ献花を捧げるスタン・ハンセン(1988年8月29日)

結局、その高すぎるプライドが自らの命を縮めてしまう。88年7月16日、プエルトリコに遠征中、地元のレスラー兼マッチメーカーと口論になり、腹部をナイフで刺された。翌17日、出血多量で帰らぬ人となった。42歳というプロレスラーとして絶頂期だった。ゆえに今も来日外国人レスラーで「ブロディ最強」の声は根強い。

柴田氏 確かにパワーにスピードに技の切れ味、スタミナも含めてすべての要素でレベルが高かった。私も一発の破壊力を秘めた大暴れするタイプが好みなので、ブロディ、ハンセン、そしてアンドレ・ザ・ジャイアントは強かったと思います。ただ、プロレスラーの強さを何に見いだすかは非常に難しい。元NWA世界ヘビー級王者で一時代を築いたルー・テーズもすごく強かったと聞いています。構えに隙がなく、どんな技を仕掛けられても対応できたそうですから。フレアーも試合はノラリクラリしていた印象があるけど、あのジャンボ鶴田が控室でモニターを見ながら「やっぱりうまいなあ。さすがだ」と感心していましたからね。

ブルーザー・ブロディ(左)と対戦するアントニオ猪木(1985年4月18日)

ブルーザー・ブロディ(左)と対戦するアントニオ猪木(1985年4月18日)

柴田氏がブロディの試合で最も印象に残っているのが、85年4月18日、両国国技館で行われたアントニオ猪木との初対決。試合前にブロディが猪木の控室を襲撃して、猪木は負傷した左ひじに包帯を巻いてリングに上がった。試合は両者リングアウトに終わったが、プライドをかけた必殺技の応酬に、今も名勝負として語り継がれている。

柴田氏 ブロディは鶴田と出会ったことでプロレスラーとして成長し、その後、猪木と戦うことでプロレスの駆け引きを学んだ。「猪木の瞳にバーニングスピリットを見た」と言ってましたから。つまり燃える闘魂ですよ。実はブロディと猪木は7度対戦していますが、ピンフォールやギブアップでの決着は1度もない。決着をつける前の87年にブロディは全日本に戻りましたからね。その翌年に42歳で亡くなった。今にして思えば、猪木との完全決着を見たかった。本当にもったいなかった。