J2ジュビロ磐田は1-3で町田に敗れ、2部所属では初の開幕2連敗を喫した。1点を追う前半30分にMF松本昌也(26)が同点ゴールを挙げるも、その後2失点。22チーム中の暫定20位へ落ちた。

   ◇   ◇   ◇

反撃ムードも一瞬でしぼんだ。磐田は1点を追う前半30分、MF松本が右クロスを右足で合わせて、同点とした。「練習していた形だった」と理想のゴールで追いつくも、2分後に失点。追う展開となった後半28分には前掛かりになった隙を突かれ、3失点目を喫した。J2では初となる開幕連敗スタートに、松本は「集中力がまだまだ足りない」。今季チーム1号を挙げた喜びはなかった。

またしても、立ち上がりだった。開幕の琉球戦は開始1分で失点。この日も前半9分に先制点を許した。鈴木政一監督(66)は「マーキングがちぐはぐになった時間があった」。前節の反省を全く生かせなかった。順位は暫定ながら20位。まだ2試合だが、悪い流れを断ち切らなければ、目標の来季J1復帰は遠のいていくばかりだ。「次は複数得点で必ず勝ちたい」と松本。切り替えて、はい上がっていくしかない。【神谷亮磨】