今回の日本シリーズは紙一重の接戦だったが、ヤクルトバッテリーの踏ん張りが勝敗を分けた。

6戦でオリックスが先制したのは、3戦目だけ。この日は先発高梨が力のある直球にフォークを効果的に使った。5回途中での降板となったが、1失点で期待に応える投球となった。自軍が先に点を取るまで、先発陣が点を与えないという粘りがあった。シーソーゲームの連続ではあったが、やはり先制点は、投手、野手両方にとって「よしいける」と力になるものだ。相手も追いかける展開になる。先手を取る試合運びが4勝2敗の差になったのではないか。

オリックスは吉田正、杉本の3、4番コンビが分断されたのが痛かった。6戦を通して連打が見られたのは、2度しかない。この日もそれぞれ違う回に単打が1本ずつ。長打のある2人に対してヤクルト投手陣はしっかりとインコースを使ってうまく抑えきった。捕手中村のリードも光った。

先発山本は野手の連続エラーでも得点を許さず、これぞエースという投球を見せた。試合の前半は直球、フォーク、カーブを中心とした組み立て。後半に入ると、スライダーの割合を増やし、これが有効的だった。ヤクルト打線は、ファーストストライクから、積極的に振ってきたが、内外角にコントロールよく投げ分けていた。それだけに、味方打線が主導権を握る攻撃を見せられなかったのが響いた。

オリックスは前年の最下位から躍進したわけだが、山本、宮城、杉本の計算外ともいえる働きが大きかった。来年も同じような活躍が期待できるかは分からない。ヤクルトはサンタナ、オスナが山田、村上の後を打ち、打線に破壊力をもたらした。オリックスも強打の外国人がほしい。先発も同じだ。ある程度、日本人に駒はいるが、どうなるかは分からない。リーグ連覇、そして日本一を実現するためには、やはり外国人補強が必要だろう。(日刊スポーツ評論家)