タレント小堺一機(66)が、24日に初日を迎える、俳優でお笑いコンビあさりどの川本成(48)が主宰する劇団「時速246億」の舞台「バック・トゥ・ザ・ホーム・ファイナル」(東京・新宿「シアターサンモール」)に出演する。2016年(平28)に初演で再演、続編、そして配信で上演された人気シリーズのファイナル。師匠・萩本欽一(81)の欽ちゃんファミリーの弟弟子の川本のラブコールに応えた。このほど、小堺と川本が日刊スポーツの取材に応じた。【小谷野俊哉】

    ◇    ◇    ◇

小堺がテレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!(欽どこ)」に出るようになって、1年後に関根勤(68)が加わった。

小堺「関根さんが来てね。それで、かなえちゃん(倉沢敦美)の彼氏役だったんで学生服で出てたんだけど、大将(萩本)のあるあるでね(笑い)。大将が『関根って、いくつなの』って聞いて、関根さんが『29歳です』と。『ばかやろう、お前、29歳で学生服なんか気持ち悪いんだよ』って。関根さんは『絶対、年知ってるはずなんだけど』っていってたけどね。それで、関根さんも黒子の“中説”をやれと。それで、僕との『クロ子とグレ子』が誕生したんです。要するにリストラなんですよ。よく皆さんが『小さい頃に見てました。好きでした』って言うけど、役なくなっちゃって、普通ならクビなのにね。今考えると、大将、やっぱり残してくれて。グループになったところで、話し合いになって『お前らの感覚分かんないから好きなことをしろ』って言って、やらせてくれたんですよね」

好きなようにやった「クロ子とグレ子」は大ブレーク。関根と小堺は、世に知られるタレントになった。駆け出しのタレントに好きにやらせ、そして素人をいじるのが萩本の真骨頂だった。

小堺「3つ言うと絶対1つ間違えるからね、素人はって。大きい声で笑って『欽ちゃんのドンとやってみよう』って、手を突き上がるように言うというと、どれか1つ忘れるんだから、素人は。『手、手、手』って言うと、今度は(声を忘れて)ヒッチハイクになっちゃうから(笑い)。ロケバスから街を歩く人を見ていて、『あのおじさん、行こう』ってやってたの。だからそういう具体的なね、素人は3つ教えると、2つはできるけど1つは絶対忘れるからっていう。そういうことを教えてくれた先輩、他にいないんですよ」

お笑いの世界で生き抜いていくためのコツを伝授された。

小堺「あと『返すな』とかね。『泥棒やってみろ』って言われて、『泥棒ですか?』って言って返したらダメだって。なんかやればいいんだ。なんかやれば、上のうまい人がいるんだから、拾ってくれんだからって。あと下手だったら、すぐやれっていうこと。宴会とかで『歌え、歌え』って言われて、『えーっ』って断れば断るほど期待値が上がっちゃう。ダメだと思ったら、すぐに歌えばいい。『月が出~た、出~た』でもなんでも、取りあえず歌っちゃえば、もういいからって許してくれるから。困った時こそ、すぐやれっていうかね。そういうなんかサバイバルみたいな具体的なことを教えてもらいましたね」

1984年(昭59)にフジテレビ系の平日昼の帯トークバラエティー「ライオンのいただきます」の司会に28歳で抜てきされた。

小堺「『いただきます』が始まった頃、毎日面白いこと言わなきゃと思っていたんです。ある日、大将に会ったら『俺だってお前、毎日面白いことなんか言えないよ。お客さんが思ってること言ってあげればいいんだよ』って。それで(女優の)塩沢ときさんが下ネタを言って、ひでぇなと思って顔をしかめて手を振ったらワーッて大ウケしました」(続く)

 

◆小堺一機(こさかい・かずき)1956年(昭31)1月3日、千葉県生まれ。77年、TBS系「ぎんざNOW!」の素人コメディアン道場で優勝。専大卒業後、勝アカデミーを経て、80年浅井企画。82年テレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」での関根勤とのコンビ「クロ子とグレ子」でブレーク。84年10月からフジテレビ系のトークバラエティー「ライオンのいただきます」の司会に抜てきされ、16年(平28)3月の「ライオンのごきげんよう」終了まで31年半務めた。現在、BSJapanext「アプリで生判定!地域創生プレゼンバトル」、J:COMチャンネル「ジモトに乾杯!居酒屋小堺クン」、JFN「おうちで~CINEMA~」など。バラエティー、ドラマ、舞台、ラジオなど幅広く活躍。165センチ。血液型A。

 

◆川本成(かわもと・なる)1974年(昭49)7月13日、鳥取県生まれ。91年(平3)4月、萩本欽一主宰「欽ちゃん劇団1期生」合格。94年に堀口文宏と「あさりど」結成。94年から3年間、9代目いいとも青年隊としてフジテレビ系「笑っていいとも」出演。07年から劇団「時速246」を主宰、10年に「時速246億」に改名。16年舞台「バック・トゥ・ザ・ホーム」主演。18年舞台「バック・トゥ・ザ・ホーム2018」「バック・トゥ・ザ・ホーム2」。20年配信で舞台「バック・トゥ・ザ・ホーム・ハーフ」。趣味は楽器いじり、古着収集、プロレス。168センチ、血液型O。