吉岡里帆(30)が2日、都内で映画「怪物の木こり」(三池崇史監督、公開中)の公開記念舞台あいさつに出席し、公開後の心配事を明かした。

同作は、19年に「このミステリーがすごい!大賞」に輝いた同名小説の映画化。亀梨和也(37)演じるサイコパス弁護士の二宮彰が、連続殺人鬼から襲撃され、復讐(ふくしゅう)を誓う。追う者と追われる者が次々と入れ替わり、意表を突く展開が連続するサスペンスストーリーとなる。

犯人を追う警視庁のプロファイラー・戸城嵐子を菜々緒(35)が、二宮の本性を知らない婚約者・荷見映美を吉岡が演じる。

ネタバレを混ぜながら、共演者は濃厚なトークを展開。背中が全開のきわどいドレスで登場した吉岡は、

「濃厚なお話をしていけらら」とあいさつ。劇中、サイコパスな二宮が人間性を取り戻していく変化が起こっていく流れでは、吉岡と亀梨のシーンが大切な要素となるという。その一方で、吉岡は亀梨に感情を爆発させるシーンもある。吉岡は撮影を振り返り「殴られて、首絞められて。一番痛めつけられていると思う(笑い)。(顔にメークされた)血がうっ血しすぎてヒゲに見えて」とスリラー映画に合わない心配事を明かした。「知らないおじさんが映ったんじゃないかと思うくらい。首を絞められたところが…。(スクリーンに)赤いヒゲのおじさんがいるみたいな。監督は美しく撮らないというか、ぎりぎりのラインで生々しく見えるように、とういうのを現場で感じました」と話した。吉岡の思わぬ心配事に三池監督も「ラスト首絞められるってどんな映画?」と突っ込んでいた。