結婚の嵐二宮、活動休止待たず「決断」12日入籍

嵐の二宮和也(36)が12日、元フリーアナウンサーの女性(38)との結婚を発表した。関係者によるとこの日、婚姻届を出した。約5年の交際を実らせ、嵐メンバーでは初のゴールイン。この日夜に、報道各社とファンクラブ会員向けにコメントを発表。二宮は「一人の男としてケジメと決断」と記した。

   ◇   ◇   ◇

二宮は報道各社に書面で「かねてよりお付き合いをさせていただいている方と結婚することになりましたのでご報告をさせていただきます。結婚後も、これまでと変わらず活動してまいりますので、温かく見守っていただけましたらうれしく思います」とコメントした。

さらに、ファンクラブサイトには直筆のコメントを掲載した。デビューから20年間応援してもらったファンへの感謝をつづるとともに、「嵐の一員として、人生の半分以上を過して参りましたが、ここで一人の男としてケジメと決断をし、今日、ファンの皆様に、ご報告させていただきました」と結婚することを報告。関係者によると、12日に婚姻届を提出。女性は妊娠していないという。

出会いは、女性が出演していたニュース番組に二宮がゲスト出演した時だった。その後、嵐の番組に女性がゲスト出演したこともあり、交際が始まったとされる。これまでお泊まり交際や海外旅行が報じられたが、沈黙を貫いてきた。女性は昨年3月末に所属事務所を退社し、結婚への準備を着々と進めてきた。

このタイミングでの発表は、嵐にとって重要なイベント、行事が一段落付いたことが背景にあるとみられる。今月3日のデビュー20周年記念日には会見を開きSNS全面解禁や、来年国立競技場でのコンサート開催、アジア4都市でのキャンペーンなどを次々発表した。同9日には、東京・皇居前広場で開催された天皇陛下の即位を祝う民間主催の「国民祭典」の祝賀式典に出席し、天皇、皇后両陛下が見守られる中、奉祝曲を歌った。

奉祝曲を披露した数時間後には羽田空港からアジア4都市へ出発。ジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北で会見する「JET STORM」キャンペーンを行い、前日11日に帰国したばかり。強行日程にも二宮は「直接の声援で元気になりましたし、安心しました」と話し、国内外のファンに20年間の感謝と、今後の活動を伝えられたことを喜んでいた。

現在嵐は、20周年のアニバーサリーツアーの真っ最中。14日には札幌ドームでコンサートを行う。嵐は来年末に活動休止する。突然の結婚発表に戸惑うファンを気遣い、二宮はファンクラブ会員に向け「この決断が後に、良かったと言ってもらえる様に、今日からも変わらず、そして来年以降も二宮和也は頑張って参ります」と決意を記した。

その他の写真

  • ジャニーズ事務所