「梨泰院クラス」は名言の宝庫/ネトフリ解説/日本版「六本木クラス」も放送開始

ドトウの胸熱ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」の日本版リメーク「六本木クラス」(テレビ朝日系)が始まります。「梅ちゃんねるNetflix版」で本家韓国版をあらためて“ダメ推し解説”。日本版を見る前に韓国版を見るか。日本版を見終わった後に韓国版を見るか。はたまた同時進行か。楽しみ方は色々ありますが、この解説は事前に読んでも大丈夫ですよ。

特集記事

梅田恵子

今回は、「愛の不時着」とともに〝第4次韓ドラブーム〟のけん引役となった大 ヒットドラマ「梨泰院クラス」(20年/韓国)です。いよいよ7月7日に日本版リ メーク「六本木クラス」(主演竹内涼真、木曜午後9時)がスタート。本家は配信から2年たった今もNetflixの日本トップ10にランク中とあって、日韓の両バージョンで作品のイズムを堪能できることになります。

ソウルの歓楽街、梨泰院(イテウォン)で居酒屋「タンバム」を始めた主人公パク・セロイ(パク・ソジュン)と仲間たちのサクセスストーリー。親のかたきであり、自身の青春を高校退学→刑務所行きにおとしめた巨大外食チェーン「長家(チャンガ)」を倒すまでの復讐を描いた青春群像劇です。

キャラ立ちのいい登場人物たち、馬力のあるストーリー、シーンを彩る音楽の数々など見どころ満載ですが、「梨泰院クラス」といえば、なんといっても個性あふれるせりふの素晴らしさですよね。どん底でも決してめげない主人公パク・セロイの人間味は男性視聴者をもとりこにし、〝パク・セロイ・シンドローム〟を巻き起こしたほど。今回はそんなセロイの語録から、人物像の魅力に迫りたいと思います。

主人公セロイ。このイガクリ頭がトレードマーク。専門的にはツーブロックのクロップカット」というらしい。「六本木クラス」では竹内涼真。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

主人公セロイ。このイガクリ頭がトレードマーク。専門的にはツーブロックのクロップカット」というらしい。「六本木クラス」では竹内涼真。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

★「いま1回、最後に1回、もう1回。繰り返すうちに、人は変わる」★

セロイ・ワールドが爆発する序盤の名ぜりふ。まだ高校生だったヒロイン、イソ(キム・ダミ)のせいで店が営業停止処分になる場面。警察に手を回して助けてやるという〝天敵〟に「1回だけ我慢してお願いすればいい」とする彼女に、セロイが激怒して訴える言葉です。信念に恥じないかっこよさと、まっすぐさゆえに窮地に立たされがちな体質が激アツに立ち上がり、セロイならどうする、というドラマ性の突破口となる場面です。

主人公セロイ(左=「六本木クラス」では竹内涼真)とイソ(背中=「六本木クラス」では平手友梨奈)。二人の関係はどうなっていくのか。1時間ちょい×16話はイッキ見だ。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

主人公セロイ(左=「六本木クラス」では竹内涼真)とイソ(背中=「六本木クラス」では平手友梨奈)。二人の関係はどうなっていくのか。1時間ちょい×16話はイッキ見だ。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

★「もう人生に価値はないのか? 自分の価値を自分で下げて安売りするバカめ」★

刑務所で、後の仲間となる元チンピラ、スングォンに放つ言葉。「貧乏人や前科者は勉強してもムダ」と人生を投げているスングォンに「貧しさや学のなさや前科持ちを言い訳に? 俺は何だってやる。価値は自分で決める」。出所から7年後、2人の人生にとんでもない開きが出ていて、平等な時間をどう使うかという重みがずっしり。このせりふが、後にスングォンによってドラマチックに回収されるのも痛快です。

IQ162にしてインフルエンサーのイソ(「六本木クラス」では平手友梨奈)。「他人に興味ない」キャラだがどこか憎めない。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

IQ162にしてインフルエンサーのイソ(「六本木クラス」では平手友梨奈)。「他人に興味ない」キャラだがどこか憎めない。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

★「いい会社に就職することがお母さんの望みなら、いつかタンバムは最高の就職先になると思う」★

天才的頭脳を持ちながら大学進学をやめ、20歳で「タンバム」のマネジャーになったイソ。母親に勘当され、歩道橋でたたずむ彼女に、セロイが語る言葉です。自分の道は自分で決めろ、みたいな決まり文句ではなく、具体的な展望に基づく励ましの頼もしさたるや。その根拠は「だってお前がいるだろ」。こんなこと言われたら死ぬまでついていくとノックアウトされた人も多いのでは。

主人公セロイとWヒロインの1人スア(「六本木クラス」では新木優子)が再会する梨泰院のハロウィン。序盤の盛り上がりポイント。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

主人公セロイとWヒロインの1人スア(「六本木クラス」では新木優子)が再会する梨泰院のハロウィン。序盤の盛り上がりポイント。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

★「言ったはずだ。お前が何をしても俺は揺るがないと。長家は俺が始末する。あの会社から解き放ってやる」★

長家とセロイの板挟みで苦しむ幼なじみ、スアへの言葉。恋愛に関しては奥手なセロイが、バスを追いかけながら叫ぶこのシーンは名場面中の名場面。せりふもかっこよすぎます。

ここまで来るとあっぱれな敵役チャン・デヒ会長(「六本木クラス」では香川照之)。この人がいるからドラマが盛り上がるのです。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

ここまで来るとあっぱれな敵役チャン・デヒ会長(「六本木クラス」では香川照之)。この人がいるからドラマが盛り上がるのです。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

★「僕と仲間が誰にも脅かされないよう、自分の言葉や行動に力がほしい。不当なことや権力者に振り回されたくない。自分が人生の主体であり、信念を貫き通せる人生。それが目標です」★

「自分が人生の主体であり、信念を貫き通せる人生」は、長家に屈せず高校を退学になった1話からセロイを貫くテーマ。「梨泰院クラス」は、セロイがその目標を達成するまでを描くドラマでもあり、重要なせりふです。

デヒ会長の長男グンウォン(「六本木クラス」では早乙女太一)。役者さんに罪はないけど、ホント嫌なやつ。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

デヒ会長の長男グンウォン(「六本木クラス」では早乙女太一)。役者さんに罪はないけど、ホント嫌なやつ。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

★「お前はお前だから、他人を納得させなくていい」★

セロイ語録を代表する人気のせりふ。テレビ番組「最強の居酒屋」決勝戦の直前にトランスジェンダーであることを暴露された料理担当マ・ヒョニにかける言葉です。勝てば融資決定という仲間の期待を背負い「逃げません。味で納得させます」と語る彼女が、この言葉で一気にわんわん泣く場面に涙腺崩壊。棄権と思われたスタジオにヒョニが現れ、誰よりも勇敢にカメラの前に歩き出すスローモーションが最高にかっこよく、大好きな場面です。

★「そんなに面倒なら、死ね」★

「人間はどうせ死ぬのに生きるのは面倒だ」というイソの厭世(えんせい)観をガラリと変えた言葉。言葉こそきついですが、夜の歩道橋で、穏やかないいシーンです。「同じ毎日のようでも、明日のことなど誰にも分からない。俺とけんかしたスングォンは今は店のスタッフだし、俺を営業停止にしたお前はマネジャーだ。同じ毎日は1日もなかった。特にお前が来てからは毎日わくわくしている。退屈な毎日でも、いつかはときめくようなことが起きるかもしれないぞ」。何でもない日常の尊さがキラキラと胸に残ります。

イソをバイク乗せて走るグンス(「六本木クラス」では鈴鹿央士)。敵と味方の狭間で悩む役どころ。放っておけないと女子人気高し。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

イソをバイク乗せて走るグンス(「六本木クラス」では鈴鹿央士)。敵と味方の狭間で悩む役どころ。放っておけないと女子人気高し。Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

「信念と気合が俺の生き方」というだけに、全編通してほかにも胸に刺さるかっこいいせりふがいくつもあります。配信早々、いがぐり頭の髪形をまねする人が続出するほどイズムが社会現象を巻き起こしたのも記憶に新しいところ。「愛の不時着」と並び、2年たった今も日本ランキングのトップ10に入り続ける強コンテンツであるのも納得なのです。

今回はセロイ語録に焦点を当てましたが、この作品は魅力的な女性キャラクターたちがそれぞれの目標を達成するドラマという見方もできます。白馬の王子様を待っているような日本型ヒロインとは正反対の自立した女性たちであり、やはり名ぜりふの宝庫。こちらはまた別の機会に紹介させていただきたいと思います。

◆梅田恵子(うめだ・けいこ) 文化社会部記者。11年から芸能コラム「梅ちゃんねる」連載中。昭和からのドラマおたくで、毎クールの連ドラを勝手な好みで採点する「勝手にドラマ評」も12年目。Netflixは16年から視聴。業務の一環のはずがそのまま沼。韓国ドラマ大好き。好きなジャンルはSF、サスペンス、ラブコメ、Kゾンビ。ギャラクシー賞テレビ部門選奨委員。