笑って怒って渋野日向子 米ツアーは何がそんなに楽しいのか聞いてみた

よく笑い、そしてよく怒る-。米女子ゴルフツアー本格参戦1年目となった、今季の渋野日向子(23=サントリー)は、コース上で喜怒哀楽に満ちている。どこか“つきもの”が取り除かれたように、日々、全力で戦っている。

ストーリーズ

高田文太

全米女子オープン第2日、記念撮影に応じる渋野日向子(中央左)=22年6月3日

全米女子オープン第2日、記念撮影に応じる渋野日向子(中央左)=22年6月3日

「楽しいから。単純に楽しいから」

念願だった米ツアー。6月5日まで行われた今季のメジャー第2戦、全米女子オープンの開幕前、会場のノースカロライナ州パインニードルズGCで聞いた。

なぜ米ツアーにこだわるのか?

「こだわりというわけじゃないですけど…。でも、楽しいから。単純に楽しいから。純粋にゴルフに集中できる環境にある。めちゃめちゃ楽しい」

少し考えた後、そう答えた渋野自身が“答えが見つかった”といった様子で、晴れやかな表情で話した。

「特にメジャーは本当に環境がいいので、練習しちゃいますよね。他の試合では(ドライビングレンジの)『打席少なっ!』みたいなところがあったり狭すぎたり。でも見てください、これですよ!」

ネットなどはもちろん、何もない広大な敷地で、ただただ青空に向かって打てる練習場を指さし、大笑いしていた。

もともと練習の虫。試合中でもラウンド後に日が暮れるまで、誰よりも遅い時間まで会場に残って、練習していることも多い。好きなゴルフに目いっぱい没頭できる日々が、うれしくて仕方ない様子だ。

「この前、1度日本に帰って(再び米国に)『行きたくない』ってなるかなと思ったけど全然。サヨナラ~、って進んで行ってました(笑い)。結局、楽しいんですよね」

5月19日からのブリヂストン・レディースで、今季初めて国内ツアーに出場後の心境と様子を明かした。

米国では身の回りのこと全般を担ってくれる女性マネジャーと、体のケアとトレーニング指導を担う男性トレーナーの3人で、試合会場に近い一軒家を借り、移り住むのが基本スタイルだ。

今は短期で借りられる一軒家も、インターネットで簡単に見つけられるという。日本食を好む渋野のために、行く先々で、アジア料理の食材を扱うスーパーを探すのは、マネジャーのルーティンとなった。

「食事の面とか、すごく良くしてくれる。(家では)本当に何もしてない。洗濯しかしてない。洗濯は上手。ボタンの押し加減上手(笑い)。ウエアを洗う時は『デリケート』で、時間がない時は『はえーやつ』とか(爆笑)」

記者の印象に残った1枚はこちら

 

 

今季のメジャー初戦、シェブロン選手権開幕2日前。打撃練習を終えるのを待っていた記者に、渋野は「おー、お久しぶりです!」と、笑顔全開で話し掛けてきた。今年、ANAインスピレーションから大会名が変更となった「シェブロン・チャンピオンシップ」と記されたアーチの前で撮影をお願いすると「なるほど~」と、うなずきながら、自然と笑顔を見せていたのが印象的だった。(3月29日撮影)

出し切ってもはね返される日々

米国でプロゴルフは、人気スポーツとして地位を確立する男子に対し、女子は観客数や注目度で大きく後れを取っている。ただ、それもむしろ歓迎している。

「初心に帰ることができる感じはあります。日本でも試合に出始めた頃は、ギャラリーさんが少ないステップアップツアーからやってきたので。何か、本当に初心に戻れる感じはありますし、集中してできます。日本では(新型コロナウイルスの影響で)まだサインはできないですが、こっちではファンとのかかわりも多いですよね」

天真らんまんぶりに拍車が掛かったように、笑顔を見せる場面が多くなった。一方で、自分自身へのふがいなさがピークに達した際には、怒りを隠さなくなった。

全米女子オープン第2日の15番パー5。フェアウエーからの第3打のアプローチは、グリーン左に着弾したが、傾斜でこぼれた。再びアプローチの第4打もピンに寄せきれない。

すると渋野は一瞬、スキーのストックのように持ったクラブを振り上げた。たたきつけたいほどの怒りを、歯を食いしばって踏ん張った。表情は明らかに怒っていた。

「ウエッジの距離感が合わなかったら、他に何が合うんだって感じ」

100ヤード以内の精度を高めるため、昨季からウエッジは、最も時間を割いて練習してきた。その成果を発揮するどころか、足を引っ張る形に-。自分への怒りを見せるのは、特にウエッジでミスした時が多い。

全米女子オープン第2日、日傘を頭で支える渋野日向子=22年6月3日

全米女子オープン第2日、日傘を頭で支える渋野日向子=22年6月3日

米ツアーには歯が立たないほどの飛距離を誇る飛ばし屋もいれば、長い距離でも次々と沈めるパットの名手もいる。米ツアーで生き残るため、本格参戦前から重視してきたのがアプローチ。生命線であり、武器にするはずのプレーで精彩を欠くと、怒りがこみ上げる。

そんな時はホールアウト後、決まって虚無感が訪れる。予選落ちが決まった全米女子オープン第2日の後は「いいところなしで終わった」や「攻めないといけない気持ちがありながら、安全にいかないといけない気持ちも混ざって、よく分からない感じ」と語った。

首位から出て、77の大たたきで21位に急降下した今季メジャー初戦、4月のシェブロン選手権第3日の後は「ため息しか出ないですよ。はははっ」と、自虐的に話していた。

ラウンド中に、ひとしきり怒った後は、また笑う。ゴルフだけに集中し、全力でぶつかった結果なのだからと、納得しているようでもある。

シェブロン選手権では21位から出た最終日に巻き返し、4位でフィニッシュ。肩の力が抜け、本来の力を発揮した時の潜在能力の高さを物語っている。

技術も感情も、全て出し切って、それでもはね返される日々が続く。特に2戦前までの5戦は、4戦で予選落ちと苦しんだ。それでも変わらず、感情をさらけ出して、世界最高峰に挑み続けているのが渋野の現在地。

全米女子オープン第1日、12番に臨む渋野日向子=22年6月2日

全米女子オープン第1日、12番に臨む渋野日向子=22年6月2日

忘れかけていた感情

昨年10月の国内ツアー、スタンレー・レディースで、約1年11カ月ぶりに優勝した際に言った。

「あーじゃ、こーじゃ言っていた人を見返したかった」

シーズン前からのスイング改造に異論を唱える外野の声を、封じ込めたい思いが復活優勝の一因だった。日本女子ゴルフ界を代表する、負けず嫌いの性格の持ち主だ。

6月23日からの今季メジャー第3戦、全米女子プロ選手権(米メリーランド州)は、第3ラウンド開始前に棄権した。頭痛や熱などの症状が出る、体調不良が要因だったが「世界最高峰のプレーヤーが集まる舞台で、最後までパフォーマンスできなかったことがとても悔しいです」などのコメントを発表。雪辱の思いがにじみ出ているコメントが、自然と、心配するファンに安心感を与えた印象だ。大勢のギャラリーに囲まれ、振りまくように意識的に笑顔をつくっていた日本とは違う。腹が立てば怒りを表情に出してもいい。良い意味での環境の変化は、初心に帰ることも、新境地として臨むこともできる。

「まだまだ始まったばかり。まあ、これからもっと、つらいこともあると思いますけど。今のところは大丈夫です!」

樋口久子以来、42年ぶり日本人2人目のメジャー制覇を果たした19年AIG全英女子オープン。あれから3年が経過しようとしている。その時に強く感じ、どこか忘れかけていた「楽しい」という思いが今、再び戻ってきた。

日本人初のメジャー2勝目へのカウントダウンは、始まっているのかもしれない。