白血病闘病中の競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が11日、自身のツイッターで心境をつぶやいた。

「時々見るメッセージにさまざまな病気と闘う方からもメッセージをいただきました」とつづり「どんな形であろうとみんな頑張っていること、みんなの気持ちになること、本当に大事なことを日々学んでいます」。東日本大震災にも触れて「8年前の今日3月11日、罪のないひとたちが大勢なくなりました。違う形ではあるけれど、私は全力で生きます」とつづった。そして4月2日開幕の日本選手権について「私は出れなくて悔しいけど、日本選手権、ぜひ会場まで足をお運びください」とした。