日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 野球
  2. ニュース

野球ニュースのRSS

藤浪「プロの実感」/キャンプ初日詳細

ブルペンで投球練習する阪神藤浪(撮影・清水貴仁)
ブルペンで投球練習する阪神藤浪(撮影・清水貴仁)

 阪神ドラフト1位藤浪晋太郎投手(18=大阪桐蔭)が1日、沖縄・宜野座でキャンプイン。春夏甲子園優勝投手、即戦力の期待もかかる藤浪のキャンプ初日に密着。

 ◆8時45分 バスで宿舎を出発。

 ◆9時42分 球場到着。真っ先に降りると荷物出し。全員が降りた後、1人だけバスに乗り込み忘れ物のチェック。新人は大変だ。チェックを終えると小走りで球場への中へ。

 ◆9時50分 グラウンドへ。

 ◆10時 地元・宜野座村の歓迎セレモニーに参加。村長が「上空を(米軍の)オスプレイが飛ぶこともあるかもしれませんが、びっくりしないでください。これが沖縄の現状です」などとあいさつ。

 ◆10時11分 ウオーミングアップ開始。

 ◆10時55分 キャッチボール開始。パートナーは2年目の松田投手。

 ◆11時15分 キャッチボールを終え守備練習に。まずはゴロ捕球。

 ◆11時33分 投内連係練習開始も藤浪だけ見学。

 ◆11時41分 グラウンドを移動する途中にOBの赤星氏にあいさつ。マスコットのキー太とグータッチ。

 ◆11時50分 室内練習場に移動しマシン相手にバント練習。その後ブルペンへ移動。

 ◆12時55分 ブルペン投球開始。他の投手は不在でブルペンを独占。報道陣、ファン、約200人が熱い視線を送る。

 ◆13時5分 ブルペン投球終了。捕手を立たせたまま30球。力強いストレートを投げ込んだ。掛布、川藤、今岡氏など多くの評論家が視察。

 ◆13時30分 アイシング。

 ◆13時40分 サブグラウンドに移動しノックを受ける。

 ◆15時 強化ランニング。

 ◆15時36分 室内練習場に移動。体幹トレーニングに取り組む。

 ◆15時55分 ウエートトレーニング。

 ◆17時35分 練習終了。

 ◆17時45分 会見。「ユニホームを着て練習するのは初めてでした。慣れない環境の中で一日いい練習ができました。プロの実感をあらためて感じました」。この日の観衆は3600人だった。

 ◆18時過ぎ 球場をバスで引き上げ宿舎へ帰った。

 [2013年2月1日18時34分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞