日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

松村2時間8分9秒 アジア大会最有力

東京マラソン日本人トップの8位でゴールテープを切る松村(撮影・柴田隆二)
東京マラソン日本人トップの8位でゴールテープを切る松村(撮影・柴田隆二)

<東京マラソン>◇23日◇東京都庁前-東京ビッグサイト(42・195キロ)

 伏兵が「川内世代」のトップに躍り出た。マラソン3度目の松村康平(27=三菱重工長崎)が、2時間8分9秒で日本人トップの8位。自己ベストを2分3秒更新する初のサブテン(2時間10分切り)で、今秋のアジア大会(韓国・仁川)代表最有力候補に浮上した。男子はディクソン・チュンバ(27=ケニア)が2時間5分42秒、女子がティルフィ・ツェガエ(29=エチオピア)が2時間22分23秒で、ともに大会新記録で初優勝した。

 反骨の男が、有言実行に向けてひた走る。30キロでペースメーカーが離脱。一気にアフリカ勢がペースを上げる。ここで松村は冷静になれた。「思ったほど離れていない。何とかなる。落ち込みもない」。隅田川の川面を走る風も心地よく感じた36・5キロ過ぎ。日本勢トップの黒崎を抜く。その2キロ後には、ロンドン五輪銀のキルイも置き去る。2日前の会見で話した「8分台のレースを目指す」の目標を、現実のものにした。

 その招待選手会見。欠場した中本、佐藤の「代打の代打」の形で、華やかにショーアップされた席に座った。場違いを感じてか「実績で見劣りするのは分かっている」と話した。関係者が披露した漫画に描かれたのは、キルイが余裕でゴールし、藤原と初マラソンの宮脇が懸命に追う姿。そこに松村はいない。「コメントを求められて正直、悔しかった。走りで見返すしかなかった」。反骨心を胸に痛快なリベンジ劇だった。

 過去のマラソン練習で7回だった40キロ走を8回、さらに新しく熊本・天草の海岸コースも走破。アップダウンもあり風対策も万全に施し「質も向上し脚力がしっかりついた」と自信を胸に挑んだ。ただ、それ以上のバネになったものがある。

 中学時代は佐藤、高校と大学は竹沢、そして「実業団になってからは堀端選手と川内選手が出た」という同学年の存在だ。「日本代表レベルの選手に、どうしても勝ちたい。今日も初めて(佐藤)悠基選手に勝てたかもしれないので(欠場は)残念」。「選手」と敬称をつける謙虚さと、内に秘めた闘志で、マラソンの自己ベストで世代NO・1に立った。

 喜びに、いつまでも浸らないつもりだ。世界デビューの扉は開かれようとしているが「全体8位では勝負にならないし、このタイムでは安心もできない。今日の経験を来年、再来年に生かしたい」。リオの新星は自分に言い聞かせた。その実直さが、新たなパワーになるはずだ。【渡辺佳彦】

 ◆松村康平(まつむら・こうへい。)1986年(昭61)11月25日生まれ、大阪府高槻市出身。芝谷中から陸上を始め清風高-山梨学院大進学。箱根駅伝は3、4年時に1区を走り区間7位と4位。社会人3年目の12年2月の別大毎日で初マラソン(2時間11分58秒)。昨年は1万メートル(28分27秒4)と5000メートル(13分58秒34)で自己ベスト更新。176センチ、59キロ。血液型B

 ◆3大マラソン日本人サブテン複数人メモ 日本勢5人で2時間10分を切ったのは、07年に始まった東京では初めて。東京、福岡国際、びわ湖の国内3大マラソンでは、福岡国際で03年大会に6人が達成。びわ湖では、12年に5人が10分を切った。

 ◆アジア大会男子マラソン代表選考 福岡国際、東京、びわ湖毎日の3大会を対象に日本人上位3人から最大で2人を選考する。アジア大会で優勝すれば15年世界選手権(北京)の代表となり、世界選手権で8位以内に入った日本人最上位は16年リオデジャネイロ五輪代表に決まる。

 [2014年2月24日9時55分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞