最終日の決勝が行われ、ハナマウイ(東京)が3-2で尚美学園大(埼玉)を破り、初優勝を飾った。

 出口彩香内野手(26)らワールドカップ(8月22日~、米フロリダ州)日本代表を擁するハナマウイは昨年初出場でベスト4入りし、今年は2度目の出場で頂点に立った。

 4年ぶりの優勝を狙った尚美学園大は昨年に続いて決勝で1点差の惜敗だった。

 

◇決勝

ハナマウイ(東京)

 0000120=3

 2000000=2

尚美学園大(埼玉)

(ハ)花ケ崎ー樋口

(尚)田中ー浅田

▽三塁打 林(ハ)

▽二塁打 山田(尚)、長池(ハ)