NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜午前8時)の25日に放送された第116話の平均世帯視聴率が15・2%(関東地区)だったことが26日、ビデオリサーチの調べで分かった。最高視聴率は第1話の19・2%。

朝ドラ104作目となる「-モネ」は、「海の町」宮城県気仙沼で生まれ、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロイン「モネ」こと永浦百音(清原果耶)が主人公。モネは天気予報の可能性を知り、やがて気象予報士を目指していく。

あらすじは、百音は、ラジオ放送の時間になりブースに向かった。菅波(坂口健太郎)と亮(永瀬廉)、2人だけの男同士の会話が始まった。そこで亮は菅波に百音に対する気持ちを聞き、菅波は今の素直な気持ちを伝えた。その後2人は別れ、亮は未知が待つ喫茶店に向かった。そこで亮は未知に「心の底から笑えるのは多分、俺しかいない。いつか笑えるようにしてやる」と伝えた。一方、菅波は永浦家にあいさつに行くはずだったが、おじけづいていた。百音が励まし覚悟を決め百音と実家へと向かった。