4人組ガールズグループ「aespa」(エスパ)が1日、日本オフィシャルファンクラブ「MY-J」(マイジェイ)の設立と、来年3月に大阪城ホールを皮切りに、4カ所10公演で初のライブツアーを行うと発表した。

同グループは、リーダーのKARINA(カリナ)、WINTER(ウィンター)、NINGNING(ニンニン)、そして日本人のGISELLE(ジゼル)の4人で構成。「自分のもう1人の自我であるアバターに出会い、新しい世界を経験する」という世界観をもとに、画期的で多彩な活動が期待されているグループだ。

20年11月に「Black Mamba」でデビュー。同曲は、K-POPアーティストのデビュー曲として、史上最短でミュージックビデオ再生回数1億回を突破。デビュー以降、韓国で「新人賞」をはじめ、数を多くの賞を受賞。21年10月の「Savage」は、米「ビルボード200」で20位にランクイン。

今年4月、アメリカ最大規模の野外音楽フェス「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」のメインステージに、K-POPガールズグループで初めて招待されると、5月には米・経済誌「フォーブス」が発表した、30歳未満の世代を代表する30人「30アンダー30」で、K-POPアーティストとして唯一選出。

7月5日には、米ニューヨーク国連本部総会会議場で行われた「2022持続可能な開発に関する国連ハイレベル政治フォーラム」でスピーチ。同月8日、2枚目のミニアルバム「Girls」を発売。韓国で歴代最高(当時)の初動売り上げとなる、約142万枚を突破する快挙を成し遂げた。