酒井若菜(43)が3日、インスタグラムを更新。所属事務所エーチームが、2024年3月31日をもって芸能関係業務を休止したことを受けて「酒井若菜も退所の運びとなりましたことをご報告させていただきます」と、15年所属した同事務所からの退所を報告した。

今後については「まだ気持ちが定まっておりません。最初に所属した事務所で13年、エーチームで15年、とキャリアを積み重ねてまいりました。これから始まる第3章をどのような形ではじめるか、慎重に検討しています。検討してたら4月になっちゃった。笑」と、まだ検討中とした。そして「フリーランスの道、芸能事務所所属の道、エージェント契約の道、様々な選択肢がある現代の中で、自分がどの扉を開けることになるのか、楽しみでなりません。現状、ありがたいことに新作の撮影もいくつか控えておりますので、ファンの皆さまはどうかご心配なさらずに今後の展開を楽しみにお待ち頂けますと幸いです」と新作の撮影があると明かした。

「今後の窓口としては、私の気持ちが固まるまではこれまでのマネージャーが引き続き担当します。私に直接オファーしてくださってもかまいません。環境を一新する機会を頂いた以上、今までやらなかったような仕事にも積極的に挑戦してみたいと思っております。お気軽にお声がけください」と、これまでのマネジャーが当面、窓口を担当しつつ、自らもオファーを受けると説明した。

「あと2年で芸能生活30年を迎えます。検討に時間がかかっていた理由には、もう十分頑張ったから休みたいという気持ちと、30年までは突っ走るぞという気持ちで揺れ動いていたことも正直あります。おかげさまで、少なくとも30年までは突っ走ろうと心を決めました」と、芸能生活30年を機に休養も考えたが、そこまでは活動すると決意を示した。「へこたれるか立ち上がるかの2択ならば、立ち上がるに決まってんだろ!と私らしい選択はひとまずできましたので、今後とも酒井若菜をよろしくお願い致します」とつづった。