堀未央奈、上海国際映画祭で新人部門・優秀女優賞

【上海21日=横山慧】乃木坂46堀未央奈(22)が、初主演映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸結希監督、28日公開)で、アジア新人部門・優秀女優賞を受賞した「第22回上海国際映画祭」に参加した。この日発表された最優秀女優賞は惜しくも逃したが、初体験となるレッドカーペットも歩き、周囲への感謝と、女優として歩きだす固い決意を口にした。

ドレス姿で歩き、拍手と歓声を浴びた。「映画賞をいただくことなんて、人生で何回もないことだと思う。それも、初めて出た映画で。自分の力というより、監督の熱い撮影や編集、キャストの方々やスタッフさんたちの力が、私を上海に連れて来てくれたんだなと思いました」と感謝した。日本にいる母親からは、優秀賞授賞式の記事を掲載した21日付の日刊スポーツを購入したと連絡を受けた。「喜んでくれていました。少しは恩返しができたかな、と思います」と笑った。

アジア新人部門・優秀女優賞には他に中国の女優3人がノミネートされており、最優秀女優賞は趙小利だった。現地関係者は「中国では高校生の恋愛が良いものとされていない傾向がある中で、高校生の恋愛を含む作品で優秀女優賞を受賞したことが異例だし、驚くべきこと。それだけ堀さんの存在感が際だっていたんでしょう」と解説した。

アジア新人部門の最優秀賞発表セレモニー後、堀は「緊張はしなかったですけど、ちょっと悔しい思いもしました」とほほえんだ。作品を通じて強まった「女優」というキャリアへの思いは、初の映画祭参加を終え、さらに強固なものに。「2日間、すごくいい経験をさせてもらいました。もう、死んでもお芝居をやってやりますよ!」。銀幕デビューを飾った新星が、力強く誓った。

その他の写真

  • 初主演映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」で、板垣瑞生(左)清水尋也(同2人目)間宮祥太朗(右)と共演した堀未央奈(左から3人目)