札幌FW岩崎「アピールできれば」ルヴァン杯へ気合

北海道コンサドーレ札幌は8日、2年ぶりの1次リーグ突破をかけて、ルヴァン杯横浜F・マリノス戦(札幌厚別)に臨む。

現在A組首位で、勝てばプレーオフ進出が確定。7日の戦術練習で主力組に入ったFW岩崎悠人(20)は「個人的には結果が出てない。求めてやっていきたい」と気合を入れた。

同杯前節のJ2長崎戦はチーム6得点で大勝。だがフル出場した岩崎は無得点に終わり「めちゃくちゃ歯がゆい思いがあった」。後半開始直後、カウンターからゴールネットを揺らしたが、判定はオフサイド。「ゴールに対しては近づいている。次は決められるようにしたい」と思いは強い。

手応えはある。移籍当初は、ポンポンとパスをつなぐチームのスタイルに戸惑ったが、経験を積むごとに成長。「今までの自分ではできなかったことを意識せずにやれている」。悩んでいたオフザボールの動きにも自信がついてきた。

右シャドー(1・5列目)で開幕からスタメンを張ったFWアンデルソン・ロペス(25)が、負傷で戦列を離れている。「少しでもリーグ戦の出場時間が伸びるようにアピールできれば」。初めてとなる聖地の札幌厚別で大暴れする。【西塚祐司】

その他の写真

  • ボールを追う札幌FW岩崎(左)(撮影・西塚祐司)