中央学院大、シード確保ならず/箱根駅伝

<第90回箱根駅伝>◇3日◇復路◇箱根-東京(5区間109・9キロ)

 上位も期待された中央学院大だが、12位に終わって2年連続シード確保に失敗した。8区の沼田(4年)が区間3位の快走。復路だけなら全体8位と、出雲駅伝6位の実力を発揮して、シード圏に迫った。復路スタート時には10位と3分15秒あった差も、最後は1分弱にまで縮まった。

 しかし一歩及ばず、主将岡本(4年)は「6位以内を目標にして臨んだけど、いろんな面で足りない部分があった。順位差、タイム差は関係なく、シードがとれなければそれが実力」と受け止めた。出雲駅伝では4区岡本が区間賞を獲得するなど、過去最高の6位。有力選手をそろえ、躍進を狙ったが、前半の出遅れが響いた。

 

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新