キュンです!鍵山優真 ギャップ萌え?宇野昌磨/記者座談会その2

晴れやかな笑顔、静かな涙-。フィギュアスケートの2021-22年シーズンも、世界中の選手の演技が見る人の胸を打ちました。今季、現場で取材を重ねてきた担当記者の木下淳(41)阿部健吾(40)松本航(31)による座談会第2回 。北京オリンピック(五輪)の男女シングルを振り返ります。

フィギュア

木下淳・阿部健吾・松本航

<フィギュアスケート2021-22年シーズンを振り返る:その2>

北京五輪表彰式を待つ間、記念撮影に笑顔を見せる、金メダルのネーサン・チェン(中央)、銀メダル鍵山優真(右)、銅メダル宇野昌磨

北京五輪表彰式を待つ間、記念撮影に笑顔を見せる、金メダルのネーサン・チェン(中央)、銀メダル鍵山優真(右)、銅メダル宇野昌磨

父正和コーチと二人三脚

木下「羽生選手が与えた影響という意味では、初出場で18歳にして銀メダルをつかんだ鍵山優真選手も、かけられた言葉を大切にしていたね。21年の世界選手権出場を決めた後の会見での『自分の気持ちにうそをつこうとしてたので、そういうのはいらないよ』。時間がたつにつれ、胸に深く刻まれてきたそうで、比例して不安とか、後ろ向きな気持ちがなくなっていったと」

松本「その世界選手権で2位に入った時に、小塚崇彦さんの評論を担当したのですが『猫が高い場所から降りるようなイメージ』とジャンプ着氷時の膝の使い方のうまさを話されていたのが印象的です」

北京五輪銀メダルの鍵山優真(左)は父正和さんと写真に納まる

北京五輪銀メダルの鍵山優真(左)は父正和さんと写真に納まる

木下「その直前に全国高校選手権を取材する機会があって、撮影も兼任したんだけど、リンクサイドに立っていて、スケーティングの『音』が鳴らないことにびっくりした。自分の写真のうまさにもびっくりした」

阿部「……。僕もカナダのパトリック・チャン選手の全盛期を見てきましたが、本当にスケーティングが上手な選手は音が違う。スケート界で取材をしていると『お父さん譲り』という声もよく聞きますね」

21年3月、初出場の世界選手権で銀メダルを獲得し、帰国した鍵山優真。経由空港では、初めて一緒に海外遠征した父正和コーチの車いすを押していた

21年3月、初出場の世界選手権で銀メダルを獲得し、帰国した鍵山優真。経由空港では、初めて一緒に海外遠征した父正和コーチの車いすを押していた

木下「世界選手権の移動で父正和コーチの車いすを押す姿にはグッとくるものがあった。一緒に五輪へ行けたのも、祖母の佐治子さん含め、家族みんなで本当に喜んだみたいだね。北京五輪の期間中は選手とコーチの宿舎が違ったんだけど、これは帰国後に聞いた話で、優真選手は練習や試合に向かう時、いつも他の選手より30分とか1時間早いバスに乗って、正和コーチのところへ行って移動の手助けをしていたらしい。団体、個人とフル回転していた中で…。キュンです」

松本「『(大谷)ショウヘイ・キュンデス!』のパクリですか。何で五輪中の原稿で書かなかったんですか。取材、甘すぎですよ」

阿部「男子の日は羽生選手と鍵山選手の原稿、どちらも書いてて大変かと思いきや、肝心の中身が…。4回転半とは言いませんが、せめて頭を1回転くらいさせてくださいよ。『Figure365』の取材班から除名しますよ」

木下「……な、泣くぅ」

松本「泣いチャイナ。先輩は何でもかんでも(笑い)でごまかしてますから」

北京五輪練習中に談笑する宇野昌磨(左)と鍵山優真

北京五輪練習中に談笑する宇野昌磨(左)と鍵山優真

宇野鍵山2人でずっと練習

阿部「鍵山選手と切磋琢磨(せっさたくま)という面では、個人戦を終えた後も宇野昌磨選手と2人でずっと練習していましたね」

松本「あれを見ていると『(拠点の)中京大で普段、こういう練習をしているんだな』と強くなる理由が分かった気がしました」

阿部「エキシビションの練習では自由に曲をかけたり、止めたりできたんだよね。競技会の公式練習だと曲かけは1人1回だよね」

松本「宇野選手が曲をかけると、次に鍵山選手。そうやって休むことなく、4回転ジャンプを何本も跳んでいました」

木下「鍵山選手が宇野選手のことを『練習の鬼』と言っていたけれど、まさに…」

北京五輪フリーで演技する宇野昌磨

北京五輪フリーで演技する宇野昌磨

松本「いつも宇野選手を取材していて感じるのは、オンとオフのギャップですよね。その良さを周囲もよく分かっているんだと思います。例えば中京大で練習する時のウオーミングアップは『バレーボール』らしいですよ」

阿部「アップって縄跳びのイメージだけれど…」

松本「リンクにはスタジオみたいな多目的室が併設されているんですけれど、そこにホワイトボードがあるらしいんです。それを真ん中に置いて、ゴムの軟らかいボールで楽しみながら体を動かしているみたい。試合は6分間練習をして、1度舞台裏に戻って、また体を温め直すじゃないですか。出水慎一トレーナーに聞くと『フィギュアは体を温めて、違うことをして、また温める…の繰り返しでしょう。体を温められたらOK。そこをガチガチにやるとストレスになる』と言っていました。宇野選手が力を発揮することが目的だからこそ、型にはまっていないんだなと思いました」

北京五輪で銅メダルを獲得し一夜明け会見で笑顔の坂本花織

北京五輪で銅メダルを獲得し一夜明け会見で笑顔の坂本花織

坂本の完成度に驚いた

阿部「女子では坂本花織選手が銅メダル。シーズンの最初から考えると、フリーの演技の完成度の高さに驚きました」

木下「10月の頭は自分が関東選手権、阿部がジャパン・オープンと取材現場を分けて行ってもらったのよね」

阿部「そうなんです。その時に見た新作のフリーはぎこちなさがあって。2季滑ってきた『マトリックス』が、壁付近で脚を上げてジャッジをのけぞらせる所まで含めて、本当に好きだったので。映画は3部作だったから、3季連続にした方がいいんじゃないかと思ったくらい」

北京五輪フリーで演技する坂本花織

北京五輪フリーで演技する坂本花織

松本「全日本選手権の時もさいたまスーパーアリーナ近くの映画館にマトリックスのグッズを買いにいったらしいですよ(笑い)。それぐらい『マトリックス』は思い入れのあるプログラムだったんだと思います。新しいプログラムを追求するのに、のちに『怖さも結構あった』と明かしていましたね。アイスショーで荒川静香さんに相談した時に『やって損はないよ』と背中を押されたのも、覚悟を決めるきっかけになったそうです」

阿部「世界選手権を優勝した後の会見で、探しても出てこないから、映画『WOMAN』は見られていないと言っていましたよね。振付師のブノワ・リショーさんに『これはカオリのための物語。カオリが自由に滑ってくれ』と言われて『自分自身の滑りを見せたらいい』と吹っ切れたそう。高さと幅のあるフリップ-トーループの連続3回転がアクセントになっていたり、本当に素晴らしいプログラムになっていましたね」

座談会参加記者の紹介

◆木下淳 04年入社。大学時代、村主章枝さんと同じ授業を受けた際にフィギュアを知る。文化社会部、東北総局、整理部をへてスポーツ部。サッカーでリオ五輪とW杯ロシア大会、一般班で夏は東京五輪組織委と柔道、冬は北京五輪を取材。

◆阿部健吾 08年入社以来、スポーツ部一筋。フィギュアは12年からで、20年から再び。北京大会でオリンピックは4大会目で、担当競技を持たずに横断的に取材、かつホテルで簡易調理器具で“料理担当”。4月からは企画担当など。

◆松本航 13年10月入社。19年ラグビーW杯日本大会、五輪は18年平昌、21年東京、22年北京を現地取材。体育大出身だが氷の上では膝がガクガク。好きな要素はスパイラル、ジャンプは「セカンドループ」。185センチ、100キロ。

【「フィギュア記者座談会/その3」は5月16日に配信します】