ジュビロ磐田は鈴木秀人新監督就任後、初のリーグ戦を飾ることはできなかった。0-0の前半29分。オウンゴールで先制を許すと、同40分にはタッチライン際からのスーパーゴールで2点目を献上した。

前節まで17試合12得点と決定力不足を抱えるチームに2点を返す力はなく、そのまま完封負け。今季2度目の3連敗で、順位は最下位のままとなった。