<高校ラグビー:桐蔭学園43-0大阪桐蔭>◇準決勝◇5日◇花園

 昨春の選抜王者の大阪桐蔭は0-43で完敗だった。

 綾部監督は「防御が全然できなかった。タックルミスが多かったことに尽きる」とうつむいた。

 前半1分にいきなり巧みな展開からトライを奪われると、桐蔭学園のスピード感あふれる攻撃についていけず、失点を重ねた。

 今大会初戦で左膝を負傷し、欠場が続いていた主将の喜連航が後半8分から途中出場しても流れは変えられず。

 痛み止めの薬を飲んだが、ダッシュもできない状態だったという主将は「チームに迷惑を掛けてふがいない」と悔しがった。