女性芸人日本一を決める「THE W 2023」決勝が9日、東京・日本テレビで行われ、紅しょうがが7代目女王に輝いた。

過去最多863組の頂点。賞金1000万円、日テレ系人気番組出演などの権利を得た。4年連続5度目の決勝の舞台。スパイク、エルフとの吉本興業勢で占めた最終決戦を制し、稲田美紀(34)は涙。熊元プロレス(33)は「今日がクリスマスや!」と喜び、「山里さんお疲れさん」と体調不良のフットボールアワー後藤輝基の代役MCを急きょ務めた南海キャンディーズ山里亮太も労った。

稲田は優勝会見で「相方に一緒にやってきてくれてありがとうと言いたい」と感謝。熊元も「早く大会を卒業できたらなと思っていたので。ここからどんどん忙しくなる気でいます」と力を込めた。

決勝には3組のほか、あぁ~しらき、ハイツ友の会、はるかぜに告ぐ、変ホ長調、ぼる塾、梵天、まいあんつ、やす子、ゆりやんレトリィバァが進出。4組3ブロックに分けて1ネタ終えるごとに審査員6人と視聴者投票の全7票で暫定1位を決定し、勝ち残る3組を決定。最終決戦ではスパイクのネタ中に音声トラブルが生じたため国民投票を中止した。