タレント、インフルエンサーとして活躍するダンサーが多数所属する東京・六本木のエンターテインメントショークラブ「バーレスク東京」は21日、公式SNSを更新し、運営会社に関する同日の報道を受けて、臨時休業とすることを発表した。

同所をめぐっては、無許可で女性従業員に客を接待させた風営適正化法違反の疑いで、経営者の男が逮捕されたと報じられていた。

同所は所属ダンサーのステージを見ながら飲食を楽しめるショークラブ。人気メンバーの1人、ももはインスタグラムのフォロワーが51万人、TikTokは80万人を超え、DVDや写真集を発売するなどの活動でも知られる。他のメンバーもグラビアやテレビ番組などに多数出演している。

▽以下発表全文

臨時休業のお知らせ

お客様各位

平素より「バーレスク東京」をご愛顧頂き、厚く御礼申し上げます。

本日、バーレスク東京の運営会社に関する報道があり、関係者皆様方には大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

このような状況から、誠に勝手ながら、改めてバーレスク東京の営業における体制の見直しを行うと同時に、お客様とダンサー、従業員の安全を考慮し、本日の営業は臨時休業させて頂くこととなりました。

尚、事前入金によるご予約のお客様に対しましては、おって弊社公式SNSにて返金手続き案内を掲載させていただく予定となっております、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご来店を予定されておりましたお客様におかれましては、大変なご迷惑をお掛け致します事を深くお詫び申し上げます。

なお、今後の営業予定につきましては、関係各所と確認の上、弊社公式SNSにてご案内して行きますので、ご確認いただければ幸いです。

お客様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

BURLESQUE TOKYO