羽生結弦の2月18日五輪練習が忘れられない/記者座談会その1

晴れやかな笑顔、静かな涙-。フィギュアスケートの2021-22年シーズンも、世界中の選手の演技が見る人の胸を打ちました。今季、現場で取材を重ねてきた担当記者の木下淳(41)阿部健吾(40)松本航(31)による座談会。北京オリンピック(五輪)の羽生結弦選手を振り返ります。

フィギュア

木下淳・阿部健吾・松本航

<フィギュアスケート2021-22年シーズンを振り返る:その1>

座談会参加記者の紹介

◆木下淳 04年入社。大学時代、村主章枝さんと同じ授業を受けた際にフィギュアを知る。文化社会部、東北総局、整理部をへてスポーツ部。サッカーでリオ五輪とW杯ロシア大会、一般班で夏は東京五輪組織委と柔道、冬は北京五輪を取材。

◆阿部健吾 08年入社以来、スポーツ部一筋。フィギュアは12年からで、20年から再び。北京大会でオリンピックは4大会目で、担当競技を持たずに横断的に取材、かつホテルで簡易調理器具で“料理担当”。4月からは企画担当など。

◆松本航 13年10月入社。19年ラグビーW杯日本大会、五輪は18年平昌、21年東京、22年北京を現地取材。体育大出身だが氷の上では膝がガクガク。好きな要素はスパイラル、ジャンプは「セカンドループ」。185センチ、100キロ。

北京五輪フィギュアスケート会場・首都体育館で。左から、松本、木下、阿部記者

北京五輪フィギュアスケート会場・首都体育館で。左から、松本、木下、阿部記者

阿部記者のライスボール

木下「久しぶりですな、3人がそろうのは。ふふふ」

松本「ほとんど一緒に行動して、スマホ片手に『Figure365』のツイッターにつぶやき続けた北京五輪が、もう2カ月以上前ですもんね…。阿部さんが握ってくれたおにぎりも懐かしい…。先輩、期間中に『知名度上昇 阿部のライスボール』っていうコラム書いていましたよね(笑い)」

阿部「あれはレイアウト担当の人がつけた見出しだよ!(笑い)。100個以上握ったかな…」

阿部記者がにぎったおにぎり

阿部記者がにぎったおにぎり

木下「起床してホテルのドアを開けると、必ず熱々のものが置いてある。他種目の担当も含め、全員分。いつも何時に起きて何回炊飯してるんだ、と(笑い)。日刊取材班の金メダリスト『スイハン阿部』と松本が命名してたな。定着しなかったな。俺は炊き込みご飯派(味の万世)。故郷の味。激うま」

松本「いや、ちらしずしの方が絶対に推せます!」

木下「いずれにしても、おにぎりしか食べられないぐらい、五輪期間中のフィギュア取材は大変だったなぁ」

阿部「演技はもちろんですけれど、すぐ隣の練習用リンクでは同時進行で公式練習も行われていて…」

木下「早朝の公式練習からカバーし、試合後の取材と出稿を終えると『あ。5時間後にまた公式練習が始まる…』とか。そのまま首都体育館に泊まりたかったくらい。ホテルの食堂も閉まっちゃうし、スイハン阿部がいなかったら倒れていたかも…あ、定着してた」

松本「……。10日に男子フリーが終わってから、20日の最終日に控えたエキシビションまでの練習は、グッとくるシーンの連続でしたよね」

北京五輪エキシビションに向けての練習前、パンダのかぶり物を着けてリンクに入る羽生結弦

北京五輪エキシビションに向けての練習前、パンダのかぶり物を着けてリンクに入る羽生結弦

舞った歴代9曲

木下「団体、個人のSP、フリーはもちろんだけど、これまで詳報しているので割愛します。個人的には、やはり羽生結弦選手が歴代の9曲を舞った18日の練習が忘れられない」

阿部「その日は違う競技の取材をしていたんですが、自分が担当していた14年ソチ五輪までのプログラムも流れたと聞いて『見たかったな…』と思いました」

松本「僕は木下さんの隣にいましたが、とにかく『すごいことが起きているな…』と思いながら、必死にツイートしていました。海外のファンの方からも多くの反応があって、びっくりしました」

2月18日、北京五輪で練習に臨む羽生結弦

2月18日、北京五輪で練習に臨む羽生結弦

■羽生結弦が披露した9曲■

(1)ホープ&レガシー(16-17年フリー)

(2)パガニーニの主題による狂詩曲(08-09年、09-10年フリー)

(3)ノートルダム・ド・パリ(12-13年フリー)

(4)ロミオとジュリエット(13-14年フリー)

(5)バラード第1番(14-15年、15-16年、17-18年、20年SP)

(6)秋によせて(18-19年、19-20年SP)

(7)ホワイト・レジェンド(10-11年SP)

(8)ノッテ・ステラータ(18年平昌五輪エキシビション)

(9)SEIMEI(15-16年、17-18年、20年フリー)

木下「20年から担当になったので、そのうち『バラード第1番』『秋によせて』『SEIMEI』を各1回、見たことがあるだけ。演技を終えた羽生選手がスマホから次の曲を出力するたびに、調べるのが大変で(笑い)。パ、パガニーニ!? とか。徐々に、当時から取材されているテレビ局の方の近くにスススッと寄っていって、もう最後は密着マーク。練習後、取材エリアで『(鑑賞料を)いくら、お支払いすればよろしいでしょうか?』と羽生選手に話しかけたら立ち止まってくれた(笑い)。『落とし物』…? 『あ、この時期は4回転サルコーで苦労していたんだ』とか『バラ1の後半に4回転トーループ』とか、不勉強を痛感させられて…。一方で印象的だったのは、同時間帯の他の競技などを念頭に、必ず最初に『申し訳ねえなって思いながら…』と口にしていたこと。勝手に押しかけているのはこちらなんだけど、その気遣いがなかった日はなかったと思う」

阿部「新型コロナウイルス対策でバブルの外に出られなかったのが残念だけれど、本当に羽生選手への注目はずばぬけていましたよね。僕はボブスレー会場のボランティアの学生に、質問攻めにあいました」

木下「会場の外には、プーさんを持ったバブル外の中国人ファンの方々が連日殺到。メディアのタクシーにも手を振ってくれて。かたじけない、と勘違いしそうだった(笑い)」

2月18日、北京五輪で練習に臨む羽生結弦

2月18日、北京五輪で練習に臨む羽生結弦

ピンバッジあげて席ゲット

松本「14日の記者会見も羽生選手の練習をリンクで見て、そこから大急ぎの移動でしたよね」

木下「開場の1時間前には既に何十人も並んでいたとか。首都体育館からバスで30分くらいの会見場に着いた時には、ほぼ席がない状態。中国人の方と交渉して(ピンバッジをプレゼント)マイク横の席を譲ってもらって。当ててもらうために、目立つ真っ赤なNIPPONジャージーを着ていって、立ち上がって手を挙げたりして、猛アピール(笑い)」

羽生の会見では司会からも遠い席しか確保できず、当ててもらうのに必死だった

羽生の会見では司会からも遠い席しか確保できず、当ててもらうのに必死だった

北京五輪エキシビションのフィナーレに登場したビンドゥンドゥンに視線を送る羽生結弦

北京五輪エキシビションのフィナーレに登場したビンドゥンドゥンに視線を送る羽生結弦

松本「日本の友人から『日刊スポーツの記者さん、質問しているよ』とLINEがきました。普段、フィギュアを見ない人も注目していたのがよく分かりました」

木下「日本から『パパ、北京にいるの?』って。か、か、家族への連絡を忘れてしまうくらい多忙でしたなぁ(笑い)。帰国したら子供が“北京落ち”してた。振り付けとかモノマネしまくり(笑い)」

松本「大会後、日本に帰ってきてからインタビューした三浦佳生選手も『日本の3選手を本当にただただ祈るように見ていた。4年後は俺も、という気持ちになったし、僕の心に火がともった』と言っていましたよね」

北京五輪男子フリーの演技をする羽生結弦

北京五輪男子フリーの演技をする羽生結弦

後輩の良き道しるべ

阿部「三浦選手は羽生選手の話になると、いつも生き生きとしていますよね」

松本「インタビューでも“野菜がない話”を聞かせてもらいましたね」

木下「そうそう。アイスショーの食事がバイキングで、三浦選手の皿が茶色いメニューばかりだったそうで。羽生選手から『それだけ?』と聞かれて『これだけです』と答えたら『野菜は? 食べないと、にきび治らないよ!』と言ってもらったみたい。『フレンドリーで話しやすい』と感謝していたね」

北京五輪エキシビションのフィナーレを迎え笑顔の羽生結弦

北京五輪エキシビションのフィナーレを迎え笑顔の羽生結弦

松本「野球の話で盛り上がるそうですね。野球のライブ中継を見ていると『今日は誰が先発?』って羽生選手から聞いてくるそう。『ギータ(ソフトバンクの柳田悠岐)のモノマネやってよ』って言われて、三浦選手がやったら全然似ていなかったみたいで…。羽生選手から『(楽天の)浅村(栄斗)じゃん!』ってツッコミを入れられた件とか、選手同士の話を聞くと関係性が伝わってきますよね。後輩選手の良き道しるべなんでしょうね」