サンフレッチェ広島の元日本代表MF青山敏弘(35)が、史上26人目のJ1通算400試合出場を達成した。広島一筋18年目。クラブではMF森崎和幸(430試合)に次いで2人目の大台到達となった。

<広島でのJ1通算出場数10傑>

430 森崎和幸

400 青山敏弘

365 服部公太

343 佐藤寿人

288 下田崇

258 森崎浩司

235 水本裕貴

230 柏好文

221 ミキッチ

216 森保一


J1初出場はプロ3年目だった06年7月19日の名古屋戦(瑞穂陸)。04年の入団1年目から右腓骨(ひこつ)骨折で長期離脱するなど度重なるけがに苦しんだが、そうした困難を乗り越え、06年以降にJ1デビューを果たした選手では初めて通算400試合出場を達成した。

12、13、15年と3度のリーグ制覇に貢献し、15年にJリーグのMVPを獲得。日本代表では13~19年に国際Aマッチ通算12試合1得点を記録し、14年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会にも出場している。