リバプールからサウサンプトンへ期限付き移籍した日本代表FW南野拓実(26)が、ホーム初ゴールを決めた。

左サイドハーフの位置で、リーグ戦3試合連続でスタメン。0-0の前半33分。中央の位置でスルーパスに抜け出すとGK、DFを2度のキックフェイントでかわし、最後は右足のアウトサイドで落ち着いてゴールへ流し込んだ。後半31分で交代となったが、新天地デビューとなった6日ニューカッスル戦に続き、これで移籍後3試合で2得点。リバプールでは出場機会に苦しんだが、新たな地で躍動している。