フランス1部リーグのモナコFW南野拓実(28)が同国プロサッカー選手協会が選ぶ8月の月間最優秀選手に選出された。8月の3試合で3得点2アシスト。日本選手ではルマン時代の2005-06年に受賞したMF松井大輔以来、2人目となった。

南野は9月に入っても好調で、今季はここまで5試合の出場で3得点3アシスト。チームは開幕から5戦負けなしで首位に立つ。リバプール(イングランド)から移籍した昨季はわずか1得点にとどまったが、今季就任したヒュッター監督はザルツブルク(オーストリア)時代からの恩師で「信頼されていると感じられることが自分にとって一番」と話していた。