元テレビ東京アナウンサーの森香澄(28)が26日放送の TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」(月~木曜深夜1時)にプロ雀士の岡田紗佳(30)とともに出演。女子アナを目指した理由を明かした。

東京女子大出身の森は「学生のときにちょっとだけ学生リポーターみたいなのをやっていた」と打ち明けた。「タレントになる道と局のアナウンサー、会社員になる道と2つあったんですけど、タレントは無理だなと思って。大学生のときにいろんなオーディションを受けるんですよ。お天気お姉さんとか。全然無理で。書類で落ちて。タレント無理だなと思って。いったん、安定しようと思って」と本音を吐露。「安定志向でいったん、局アナになりました、局アナを目指しました。そこからは就活」と続けた。

森は昨年3月にテレビ東京を退社。翌4月からインフルエンサーが多数所属する芸能事務所「seju」入り。昨年12月発売の雑誌「anan」で表紙を務め、今月28日には初写真集「すのかすみ。」が発売されるなど、勢いに乗っている。