前人未到の12連覇を目指すバイエルン・ミュンヘンが、暫定ながら首位に浮上した。ケルンを1-0と下し、勝ち点32(10勝2分け)で1試合少ないレバークーゼン(10勝1分け)を1差上回った。

イングランド代表FWハリー・ケーン(30)の勢いが止まらない。前半20分、ゴール前からこぼれ球を押し込み、今季リーグ12試合目にして早くも18点目。エースの一撃が決勝点となった。

英国人選手のブンデスリーガの1シーズン最多得点を早くも更新。これまでの記録はジェイドン・サンチョ(ドルトムント、2019-20年)とケビン・キーガン(ハンブルガーSV、1978-79)の17得点だった。