日本大学(日大)アメリカンフットボール部の寮内自室で違法薬物を所持したとして、警視庁に覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反(ともに所持)の疑いで3年生部員の北畠成文容疑者(21)が逮捕、送検された事件に関する大学側の会見が8日、東京・千代田区の日大会館(本部)で行われた。

OGの小説家で、昨年7月に就任した林真理子理事長(69)と酒井健夫学長、競技スポーツ担当の沢田康広副学長が登壇。林理事長や酒井学長、沢田副学長を中心に「対応は適切だった」「情報提供はしっかりあった」「日大ブランド力のアップに全力を尽くしたい」等々の発言があったことに、SNSでは不快感を示す投稿が噴出した。

「態度もコメントも最悪」「違和感しかない」「保身しようとしているだけでは」「迷惑をかけている立場という自覚が皆無」「想像以上にひどくてビックリする」「この学校は変わらない」「裁判みたいになってる」「学内で逮捕者が出たのに理事長が知らなくていいわけがない」

事件を巡っては大学側が先月6日、北畠容疑者の部屋のベッドに備え付けられた施錠可能な収納ボックスから植物片と錠剤を発見。12日後の18日に日大から相談を受けた警視庁が押収して鑑定した結果、植物片は大麻で、錠剤には覚醒剤成分が少量ながら含まれていたことが判明。8月3日に約5時間かけて寮を家宅捜索していた。

日大は18年に「悪質タックル」問題が社会問題化。21年には田中前理事長の背任事件が発覚し、所得税法違反の罪で有罪判決が確定していた。この事態を受けて「新生日大」を掲げ就任したのが林理事長。7月11日に就任から1年が経過したばかりだったが、SNS上の反応では厳しい投稿が相次いだ。

【日大会見】もし複数逮捕者出れば、アメフト部存続「考えなければ」仮定と前置きし副学長が言及>>