秋元才加(35)が6日、都内でサブスクリプション型ストリーミングサービス「Paramount+」(パラマウントプラス)の発表会に出席し、子どもと見たい映画作品について触れた。

秋元は、10月に第1子出産後、初の公の場となった。青いドレスに白のハイヒール、出産前と変わらずスレンダーな体形で登壇した秋元は、第1子誕生を祝福され「ありがとうございます」とひと言。子どもと一緒に見たい作品について問われ「子どもと見られる作品はたくさんあるけど『スポンジボブ』ですかね。英語の学習にもなるかな」と、英語教育に興味を示した。「私事ですが、最近出産したので映画館に足を運ぶのが難しいと思っていたけど、すてきな作品を配信していただいて、育児の合間に見ることができる。「タルサ・キング」だったり、めちゃめちゃ面白くて、育児中の合間に家で見れるのをうれしく思っています。作品が配信されるのが楽しみです」とよろこんだ。

秋元自身のオススメ作品は「タルサ・キング」。「ハードなシーンもあるけど、セクシーな場面もある。77歳とは思えない」と主演のシルヴェスター・スタローンの魅力を語った。

ハリウッド映画のモノマネでも知られるお笑い芸人のこがけん(44)、DJの☆Taku Takahashi(49)も登壇。モデルの藤井サチ(26)、俳優でDJの鮎貝健(52)が司会を務めた。

パラマウント・ピクチャーズ・コーポレーションは、アメリカの映画およびテレビ番組の製作・配給会社であり、アメリカ最大手のメディア・コングロマリット。「Paramount+」は日本では1日から、J:COM STREAM、WOWOWオンデマンドでサービスが開始されており、日本初上陸となる作品のほか、「トップガン」「ローマの休日」など同社の名作が配信予定となっている。