毎年、夏に患者数が増える性感染症。特に「梅毒」は近年増加の一途をたどり、昨年は42年ぶりに全国で4000人を超えました。今年はさらにそれを上回るペースで、「昔の病気」というイメージは変わってきています。さまざまな性感染症の現状、対処法などを紹介していきます。


(1)梅毒急増!昔の病気じゃない

(2)エイズと梅毒だけ「全数報告」義務

(3)若い女性が梅毒…東京は5年で25倍

(4)“悪魔のお土産”梅毒は海外から上陸

(5)梅毒急増は中国の訪日客増加が関係?

(6)若い女性患者増加で胎児感染懸念

(7)感染3週間後にデキモノ「初期硬結」

(8)潰瘍化した「硬性下疳」熱も出ず無痛

(9)硬性下疳は治療せずとも消え潜伏状態

(10)尿道内の症状見落としに注意

(11)淋病感染数日後 尿道口からウミ

(12)症状乏しさ特徴「クラミジア感染症」

(13)水泡に注意「性器ヘルペス」

(14)パートナーを守れ!潜伏感染に注意

(15)「口は災いのもと」咽頭は感染の温床

(16)再発繰り返す「尖圭コンジローマ」

(17)日本は梅毒治療の「ガラパゴス」

(18)性感染症心配で郵送検査「すぐ注文」

(19)梅毒の初期は検査で陰性も

(20)ネット売買検査キットにはニセモノも

(21)「思いたったとき」が検査の受け時

(22)梅毒にかかるとHIVにかかりやすい

(23)誰でもかかりうる病気

(24)B型急性肝炎9割が性行為感染

(25)慢性炎症続くと肝硬変や肝がんに

(26)慢性化率高いゲノタイプA肝炎