中日ドラ1は東邦・石川昂弥!監督「根尾と中軸を」

中日が16日、都内でスカウト会議を開き、東邦(愛知)石川昂弥(たかや)内野手(3年)をドラフト1位で指名することを公表した。会議後に取材に応じた与田剛監督が「(1位指名は)決まりました。石川君でいく」と明言した。

ドラフト前日のどんでん返しだった。当初は本命視されていた星稜(石川)奧川恭伸投手(3年)を筆頭に、大船渡(岩手)佐々木朗希投手、即戦力の明大・森下暢仁投手、社会人NO・1左腕JFE西日本の河野竜生投手を加えた投手4人をドラフト1位候補に挙げていたが、ドラフト前日に高校生野手を1位指名に変えた。

「(石川君は)右の長打力のあるバッター。将来、(昨年ドラフト1位の)根尾と石川で中軸を打ってもらいたい期待から決めた」。与田監督は1位指名に決めた理由を説明した。

石川は中日のお膝元・愛知出身。昨年の根尾と同様に小学時代はジュニアドラゴンズのメンバーにも選出されていた。松永編成部長も「将来的に3番根尾、4番石川ができあがれば、チームとして骨格ができる。その可能性のある選手を取った方がいいと。前までは投手中心だったが、監督も含めたみんなの意見の総意。野手の中では1番いい評価。全日本、U18では木のバットで対応、長打を打てることを見せた。長打を打てる右打者は必要。守備も送球は安定していて、走塁でも足は遅くない。その辺で評価が上がった」と、この日に急転した理由を語った。

17日ドラフトでは、石川の競合の可能性も高い。競合の場合は、昨年同様に与田監督がクジを引く。昨年4球団競合から根尾を引いた指揮官の強運を秘めた右腕へ託される。

その他の写真

  • 石川昂弥(2019年4月3日撮影)