【ホークス週間①ダイエー初優勝】ロマン結実…すんでで涙こらえた王貞治 優勝球を突き出し涙の中内功

ウィークデー通しのホークス特集。第1弾は福岡ダイエーホークスの初優勝をプレーバックします。王貞治監督と中内功オーナー。挑戦が実を結んだ瞬間、背負ってきたさまざまな感情が発露します。(1999年9月26日掲載。所属、年齢などは当時。文中敬称略)

傑作選

日刊スポーツ

★【王貞治監督】捲土重来 5年目の福岡

1999年(平11)9月25日午後8時43分、ダイエー王貞治監督(59)が涙をこらえ4度、宙に舞った。西武がデーゲームで敗れ、マジック1で臨んだ本拠地福岡ドームでの日本ハム戦。3-4の7回主砲小久保の24号で追いつき、8回井口が勝ち越し14号。無敗男・篠原からペドラザへの必勝リレーでVを決めた。ダイエーとしては11年目で初、前身の南海からは73年(昭48)以来26年ぶりの優勝だった。栄光の巨人を去り、成長過程にあったチームを優勝戦線に導いた王監督が史上5人目のセ、パ制覇を達成。王ダイエーが至福のときを迎えた。

王貞治監督の就任発表をしガッチリ握手を交わす(左から)根本陸夫監督、中内㓛オーナー、中内正オーナー代行=1994年10月12日

王貞治監督の就任発表をしガッチリ握手を交わす(左から)根本陸夫監督、中内㓛オーナー、中内正オーナー代行=1994年10月12日

左手首に数珠

グッと込み上げるものは熱かった。感情を抑制しがちな王監督でも、こらえられない。

ベンチからマウンドの輪に急ぎながら、もう泣きそうだった。

でも、無理な笑顔をつくってごまかした。

両手を水平に広げて4回、宙に舞う。巨人時代にもなかった、グラウンドでの優勝胴上げだ。

「気持ちが高まって、胴上げしている時は広い宇宙で1人だけなんだと最高の気分だった」。監督就任5年目。ついに悲願を成就した。

試合前、二女の理恵さん(29)から数珠を贈られた。恭子夫人(55)から託されたものだ。

「心臓に近い方が御利益がある」という言葉を素直に聞き、左手首に巻きつけた。

前日24日、胴上げされる瞬間を想像して「年を取って涙もろくなっているから」と号泣を予告したものだが、これまで募った悔しさをこの日だけで晴らすわけにいかなかった。

「選手がよくやってくれた。その一言です」と感極まった声で話した。

優勝し記念撮影する前列左から吉武真太郎、城島健司、後列左から若田部健一、王貞治監督、村松有人=1999年9月25日

優勝し記念撮影する前列左から吉武真太郎、城島健司、後列左から若田部健一、王貞治監督、村松有人=1999年9月25日

根本社長「特別じゃない」

1993年(平5)11月。

故根本球団社長(当時球団専務)からダイエー監督を口説かれて以降、5年の歳月を要した。

福岡への単身赴任を「都落ち」と言う人もいる中で引き受けたのは、巨人監督解任の悔しさを晴らしたい一心だった。

「巨人は大学でいえば東大。エリートばかりで、こちらから教えることは何もない。だけどダイエーは一からたたき込めて自分の野球ができる」

道は険しかった。就任1年目。

「世界の王」の称号に苦しんだ。偉大なプレーヤーと、あこがれる選手。過度の尊敬は両者の間に距離をつくった。

常に「優勝」を叫んだが、結果は1年目から5位、最下位、4位。やりたかった攻撃野球では勝てない。

「僕は冷たいんだ。勝つためには好き嫌いで人を使わない。独裁者でいい」とするチームづくりが、選手との間の溝を広げた。

96年には移動バスにファンから生卵を投げつけられた。帽子のツバの下には「忍耐」と記した。初のAクラス、同率3位を確保した昨年暮れには、スパイ行為疑惑が発覚。

今年のキャンプ直前、故根本球団社長が、なおも距離を置く選手に説いた。

「お前たち、何を構えている。868本塁打したって、見てみろ、特別な人間じゃないんだぞ」

59歳を迎えた5月20日の日本ハム戦(東京ドーム)、1点差を篠原、ペドラザらの中継ぎ陣で守り抜いた試合が5年目で確立した「うちの野球」だった。

「これから日本シリーズ、来年と前に向かわなければ」

今日こらえた涙は日本一をつかんだとき、と決めている。

王監督の体が地元福岡ドームで4度、ファンの大歓声に包まれながら高々と舞った=1999年9月25日

王監督の体が地元福岡ドームで4度、ファンの大歓声に包まれながら高々と舞った=1999年9月25日

★【中内㓛オーナー】「ねあかのびのびへこたれず」

福岡ダイエーホークスの初優勝に「生みの親」中内㓛ダイエー会長(77=球団オーナー)も泣いた。優勝の瞬間、グラウンドに降りて王監督からウイニングボールをもらった。カリスマ経営者といわれた男の最後の挑戦が球団を持つこと。悲願を遂げた中内氏は「私の好きな『ねあかのびのびへこたれず』を地でいくホークスのゲームは面白い。日本一を目指して」と話した。

祝勝会で王監督は中内オーナーの頭にサイダーをかける=1999年10月28日

祝勝会で王監督は中内オーナーの頭にサイダーをかける=1999年10月28日

10年間低迷

中内氏は王監督から「優勝」と書かれたウイニングボールを手渡しされると、しみじみと眺めた後で報道陣にぐっと突き出してみせた。

「最後は方程式通りだったね」。ビジネスの世界で幾多の試練を乗り越えた男が声をつまらせた。

地元福岡の熱狂的な後押しを受けながら低迷した10年間。

中内氏は「ファンが期待をかけてくれたのに勝てなかったが、これで借りを返せた」と長かった11年を振り返るように話した。

中内氏は今年1月、ダイエー社長の座を鳥羽董社長に譲り、会長職に退いた。

かつて「時代の寵児(ちょうじ)」「経営の達人」「カリスマ経営者」と数々の異名をとった希代の経営者も、年齢と本体のダイエーグループの経営悪化から40年以上君臨したトップの座を譲る形となった。

日本シリーズを制し、北九州市小倉北区で優勝パレードを行った王貞治監督、中内㓛オーナーら=1999年11月07日

日本シリーズを制し、北九州市小倉北区で優勝パレードを行った王貞治監督、中内㓛オーナーら=1999年11月07日

「3点セット」売却話も譲らず

ある意味では、中内氏の最後の挑戦がプロ野球球団を買収し、スポーツビジネスに乗り出すことだったといえる。

経営多角化の一環として1988年(昭63)に南海ホークスを買収。福岡の本拠地ホークスタウン建設には1480億円余りを投じた。

だが、拡大路線は、グループ経営を圧迫する一因ともいわれた。

95年の阪神・淡路大震災でダイエーグループの本拠地神戸が損害を受けたこともあり、同年創業以来の最終赤字に転落もした。

98年には当初のツインドーム構想も大幅に縮小され、球団、福岡ドーム、ホテルからなる「3点セット」の売却話も取りざたされた。

それでも中内氏は「この部分だけは聖域」としてホークスだけは譲らなかった。

中内氏は「よく結果を出してくれた。問題は結果なんだ。ホークスは市民球団であって、ダイエーのものではない。福岡の皆さんのものだ」。その顔に厳しいまなざしはない。

「いくつかのアクシデントを切り抜けてこられた故根本球団社長と、この瞬間をともにできなかったことが残念だけれど、ホークスのゲームはハラハラ、ドキドキしながら、面白くて感動する。日本一を目指してほしい」

経営者は、老いてなお、夢を追い続けている。