【履正社から東洋大姫路 岡田龍生の流儀③】メニエール病で離脱…芽生えた自主性が重い扉を開いた

履正社(大阪)を夏の甲子園優勝に導いた岡田龍生監督(60)が、22年3月で退任し、4月から母校・東洋大姫路(兵庫)で指揮を執っています。履正社を全国有数の強豪校に作り上げ、オリックスT―岡田やヤクルト山田らプロにも人材を送り出しました。35年の在任期間を5回連載で振り返ります。(敬称略)

高校野球

堀まどか

履正社硬式野球部が、大阪府内で少しずつ存在感を見せ始めた1995年(平7)の秋だった。岡田の体に、異変が起きた。「座って練習を見ていたときに『あれ、おかしいな』と。赤ちゃんみたいに首が据わらんようになって。めまいがして、じっとしておられへんから、生徒に『ちょっと横になってるから、横におれ』って。そうやって様子を見たんですけど、あれ、これ、ちょっとあかんなと思って救急車呼べって言うて。学校に教員が誰もおらんかったんで。救急車で行って、生徒らが親に電話して、親が来てくれて…みたいな感じでしたね」。

◆岡田龍生(おかだ・たつお)1961年(昭36)5月18日、大阪市生まれ。東洋大姫路(兵庫)では正三塁手だった79年センバツで4強。日体大から社会人の鷺宮製作所を経て、85年から桜宮(大阪)のコーチを務め、87年春に履正社監督に着任。夏は97年、春は06年に甲子園初出場。14、17年とセンバツ準優勝。19年の夏に優勝。主な教え子はオリックスT―岡田、ヤクルト山田哲、阪神坂本ら。保健体育教諭。

★朝練、授業、視察、練習

30年前の出来事を語る口調から、今なお切迫感が伝わる。

履正社の野球部を、次々に入部希望者が現れるような魅力ある部にする―。使命感と情熱に動かされ、突っ走ってきた。だが、体が悲鳴をあげていた。

「朝練からスタートするじゃないですか。で、練習中に抜けて中学生を見に行って、また帰ってくるんです。だからぼく、バイクで行ってたんです。車やったら渋滞に引っかかる。体育教官室のすぐ横がグラウンドやから、他の先生に『すみません、ケガしないように見といたってください』って頭下げて。今思ったら、超ハードスケジュール。毎日のように。そのころは月曜日を休みになんかしてないじゃないですか。生徒も休みないし、ぼくも休みないですからね」

毎週月曜日をオフにし、選手が体のケアや好きなことに打ち込める時間を設ける近年の履正社とは大違いの日々。1分、1秒を惜しんで岡田は動き回っていた。

野球部長、経験豊富なコーチ、トレーナーが一体となって「チーム履正社」を運営する今とはこれまた違い、岡田は1人で部を見ていた。その結果、89年秋の近畿大会大阪府予選で、エース宮田正直(元ダイエー)を擁する上宮に勝ち、入来祐作(元巨人)のいたPL学園に善戦するまでにチーム力を押し上げた。

だが、無理に無理を重ねた体が、ついにアラームを発した。

★耳鼻咽喉科の診断 ストレス起因

原因を突き止めるため、いろいろな病院を回り、最終的には耳鼻咽喉科でメニエール病と診断された。ストレスに起因するのでは、と言われ、ぼうぜんとした。学校の教員や、のちにコーチになる旧友の広瀬哲志に野球部を託し、約1カ月自宅で静養した。

部員たちの顔を思い浮かべ「オレがおらんかったら、ラッキーと思っとるかなあ」と自問自答し、ぼんやり笑った。

彫りが深い、勝負師の顔。涙のわだちができる熱血漢=2012年1月27日、履正社高校で

彫りが深い、勝負師の顔。涙のわだちができる熱血漢=2012年1月27日、履正社高校で

無我夢中で選手を引っ張り、部の育成に奮闘し、病と闘い、迎えた97年夏。岡田が率いる履正社は、エース小川仁を軸に全国最激戦区・大阪を制し、甲子園への出場切符を手にした。

「ぼくは、やってること自体が苦労やとは、あんまり思ってなかったんですよ。体調壊したりもしましたけど、ぼくらが高校のときも、それぐらい練習してましたし」

東洋大姫路の恩師、梅谷馨からは、ずっと「甲子園は夏出ろ、夏出ろ」とハッパをかけられていた。

梅谷がエース松本正志(元阪急)を擁し、甲子園の頂点に立ったのは77年の夏。安井浩二主将のサヨナラ3ランにわきあがった炎天下の興奮は、忘れ得ぬものだった。79年春にセンバツに出場した岡田にとっても、甲子園は見果てぬ夢。ただ履正社の指導者・岡田にとっては、遠い遠い夢に思えた。

だが〝そのとき〟が近づいていた。

★97年夏 関大一との大阪決戦

97年夏。大阪の決戦の日も、日生球場の一塁側、履正社ベンチにいた指導者は岡田1人。「今年は大阪で国体やな。甲子園に出たら、国体もついてくるんやな」と思いを巡らせた。

そこまでの全6試合を1人で投げてきた細身のエース小川は、真夏の熱投で消耗し、大会の始まる前は60キロを超えていた体重が、50キロ台にまで落ち込んだ。

準々決勝からは3日連投。「甲子園まであと1勝」とたかぶる気持ちが、疲れ切った体を支えていた。

エースの姿に、岡田の気力、集中力は頂点に達した。

「今日は、勝たなあかん。ここで負けたら、この先も甲子園には行かれへん」。その思いで、相手側、関大一(現関大第一)のベンチを見据えた。

敵将、尾崎光宏には世話になった。練習試合で何度も胸を借りた。尾崎率いる関大一は翌98年、春夏連続で甲子園に出場し、春は準優勝、夏は8強入り。前年もチーム力は充実していた。

★支えは鬼ノック 失策1の堅守

対する履正社は、そこまでの6試合でチーム本塁打はゼロ。初戦(2回戦)こそ10点を挙げたが、3回戦から準決勝までの総得点は15点。だが失点は6試合でわずか4、失策は1。1人で投げ抜く小川を、岡田の猛ノックに鍛えられた堅守が支えていた。

当時の履正社を象徴するような2―1の大接戦を勝ちきり、ついに大阪の頂点に立った。

マウンドでふらつきながら「優勝したんや…。ほんまに優勝したんや…」と仲間の作った輪にのみ込まれていく小川を見ながら、ベンチの岡田は泣きに泣いた。

ベンチから声を出し続けて喉はつぶれ、真っ黒に日焼けした顔を何度ぬぐっても涙のわだちができた。

★枯れない…涙のわだち

メニエール病に苦しんだ2年前の秋を思い「『監督は、頼りにならんぞ』と言い聞かせていたら、生徒に自主性が生まれてきて」と明かして、また泣いた。

97年夏の全国地方大会でただ1人、全試合完投優勝投手を、ひたむきな守備がもり立てた。

聖地への初切符を、ついにつかんだ。春9度、夏4度出場し、春2度準優勝、夏は2019年に全国制覇を成し遂げる岡田履正社の、甲子園への第1歩だった。(つづく)